レイオフを通告される

レイオフ(layoff)

不況時などに、ニュースなどメディアで飛び交う言葉の一つに「レイオフ」があります。多くの方が漠然と覚えている言葉の代表でもあり、正確な意味は理解していないので、意味や由来などを解説していきます。

レイオフの意味とは

レイオフは英語表記で「layoff」「lay off」となり、一時解雇や解雇、雇用を辞めるなどの意味があります。しかし、最近は大量解雇でもレイオフが用いられるのが実情です。景気悪化や業績悪化で従業員をまとめて解雇する際に用いられるのが一般的です。よって、企業の雇用調整の面が強く、業績回復した際には再雇用を約束する場合も多い。日本よりもアメリカなど欧米で多く導入される事が多く、それは制度として確立されている背景があります。日本ではあまりレイオフが浸透されていませんが、その代わりにリストラや派遣社員が同じ意味合いとして、導入されています。

レイオフの由来

正式に何年頃から使われ始めたのかは不明ですが、アメリカでは1990年代以降のIT系大企業などが従業員を解雇する際に、レイオフという言葉が使われ始め、日本でもメディアなどで度々登場をしています。大規模工場が作られると、大量の従業員も確保する事になりますが、一度経営悪化になると逆に多くの解雇が迫られます。そこで、景気が良くなれば再雇用を約束するレイオフが、アメリカなどでは最初から導入しやすく、また制度として認められたのでしょう。日本の場合は、それが派遣社員などで数年後に解雇ができる環境が整っています。

レイオフの文章・例文

例文1.レイオフは欧米で広く導入されている制度である
例文2.レイオフは問題点もあるが、これがあるから企業も新工場建設に踏み切れる
例文3.レイオフが確実に再雇用されるかは不透明
例文4.日本も次第にレイオフが導入されるであろう
例文5.アメリカの大企業はレイオフを躊躇なく実行する
単なる解雇ではなく、アメリカなどの大企業が大量解雇、又は再雇用目的での解雇をする際に用いられるのがレイオフなので、そのような例文となります。

レイオフの類義語

レイオフの類義語には、「リストラ」「スクラップアンドビルド」などの言葉が挙げられます。

レイオフまとめ

工場など製造業の現場で景気悪化や業績悪化などを理由にして、従業員を解雇する事をレイオフと、欧米などでは呼ばれています。日本ではあまり馴染がないですが、大量リストラや大量解雇などが、同じような意味として使われています。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事