業界のリーディングカンパニーは常に成長を続ける

リーディングカンパニー(leading company)

リーディングカンパニーは、ある業界において先導的な企業のことです。どんな業界でも先導的に新しいサービスを生み出したり、製品を開発したりする企業がいます。便利な製品が発売されれば、消費者はより豊かな生活をすることができますし、企業は儲けて利益を得ることができます。そんなリーディングカンパニーについて今回は、意味だけでなく使い方も交えてみていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

リーディングカンパニーの意味とは

リーディングカンパニーの意味は、ある業界において先導的な企業のことです。リーディングカンパニーというのは、今後活躍することが期待されていることが多く、良い意味で使われることが多い言葉です。覚えておくといいと思います。

リーディングカンパニーの由来

リーディングカンパニーの「leading company」という英単語に由来しています。「leading」は先導すると言った意味があります。また、「company」は企業といった意味があります。このことからリーディングカンパニーは今の意味を表す言葉として使われるようになったと考えられています。

リーディングカンパニーの文章・例文

例文1.あの業界では有名なリーディングカンパニーが刷新的なサービス体系を発表した。
例文2.リーディングカンパニーとして世間から認められることは簡単なことではない。
例文3.常に新しい技術と発想で、革新的な製品を発表するリーディングカンパニーが注目を集める。
例文4.リーディングカンパニーの新製品発表会は多くの人が注目している。
例文5.業界の中でも大手のリーディングカンパニーに入社することが目標である。
これらからリーディングカンパニーは、ある業界において先導的な企業のことを表すことができます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

リーディングカンパニーの会話例

  • 質問者アイコン

    あの企業は製品を生産して発売することもしているけど、高度な研究を大学と協力しておこなっているらしいね。

  • 回答者アイコン

    そうらしいね。あの企業の製品やサービスはどれも素晴らしいから今後の動向が気になるよ。

  • 質問者アイコン

    そうだね。それに企業はどんなことを研究しているのか気になるよ。

  • 回答者アイコン

    うん。今後あのリーディングカンパニーの製品でより世の中に便利なものが増えると思うと楽しみだよ。

これは、あるリーディングカンパニーについて話しているさまです。

リーディングカンパニーの類義語

リーディングカンパニーの類義語には、「フラッグシップカンパニー」「ナショナルフラッグキャリア」「先進的企業」などがあります。

リーディングカンパニーまとめ

リーディングカンパニーという言葉はビジネスシーンなどでは耳にすることもあると思います。また、類義語で紹介したフラッグシップカンパニーは売上も社員数も最大である企業を指します。なので少しリーディングカンパニーとはちょっとしたニュアンスの違いがあります。リーディングカンパニーの意味だけでなく類義語との違いなど合わせて覚えておけるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事