山積みされたリファレンスデータ

リファレンス(Reference)

「リファレンス」とは「参照や照会という意味から、図書館の参考調査係にIT業界等で使われる専門用語」となっています。要するに現在はいくつもの意味が込められた言葉として、様々な分野や現場で重宝されています。特にITなどの世界は日進月歩なので、今回紹介する意味や使い方以外にもまた違った解釈や意味合いが込められて、新たな言葉となっている可能性がとても高いです。そんなある意味でとても目まぐるしい現代用語「リファレンス」の解説となります。

[adstext]
[ads]

リファレンスの意味とは

「リファレンス」の意味は以下の通りとなります。
(1)直訳すると、参照・照会・照合など。
(2)物事の言及や参照から、図書館の参考調査係や参考文献、近年はプログラミング用語やソフトウェアのマニュアル(リファレンスマニュアル)等の使われ方もされる。
(3)「レファレンス」とも言い同義。
「リファレンス」は複数の意味合いがあるので、どれか一つが正解とは限りません。しかし、近年はITやプログラミングなどで使われる事が非常に多くなっているので、IT専門用語と認識している人も多くなっています。元々は直訳した意味のように、参照・照会・照合などから参考文献や図書館での参考調査やその業務という意味合いが強かったのですが、その後はIT用語として「リファレンス〇○」として「リファレンスマニュアル」「リファレンスコード」「リファレンスデータ」といった形で応用されていきます。「リファレンスマニュアル」は「ソフトウェアの説明書」、「リファレンスコード」は「ソフトウェアのプログラミング言語で書かれたプログラム」、「リファレンスデータ」は「参照データ」の事で、これらは分かり辛い点もありますが、共通しているのは”参照”という事です。例えば「リファレンスマニュアル」は単に”マニュアル”でも問題ありませんが、通常はあまりにも膨大なマニュアル中身から必要な部分だけを調べたりする際に使います。パソコンのウィンドウズやソフトウェアの「リファレンスマニュアル」なら項目毎に見出しがありキーワード検索にも対応しているので、容易に”参照”しやすくなっています。そこから「リファレンスマニュアル」と呼ばれるようになったのです。最近では企業における人事採用では求職者の経歴照会や調査を「リファレンス」、道路や鉄道などの地物をラインとして捉える新しい位置情報サービスを「リニア・リファレンス」、車両などの位置管理システムで使われるシステム構成を「リファレンスアーキテクチャ」として、幅広い分野で使われる言葉となっています。

リファレンスの由来

「リファレンス」の由来は英語の「Reference」となります。基本的な意味となる参照・照会などから図書館の参考調査係などで当初は使われていましたが、1990年代に入るとコンピューターやネット・ITの普及によって次第にこれらの専門用語という側面が大きくなっていきます。

リファレンスの文章・例文

例文1.新製品が発売されるので、リファレンスマニュアルの校了を一刻も早く終わらせなければならなくなった。
例文2.リファレンスデータの作成で今夜は徹夜になりそうだ。
例文3.大学ではプログラミングやリファレンスコードを学んだのに、実際に職場に入るとまったく通用せずに愕然とした。
例文4.履歴書だけでは判断できないので、求人採用ではリファレンスチェックが重要視される。
例文5.リファレンスは推薦状や身元保証人という意味も含まれ、実に多岐に渡っている。

仕事などで「リファレンス」を使った例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

リファレンスの会話例

  • 質問者アイコン

    ところで、リファレンスデーター完成した?

  • 回答者アイコン

    すみません。まだです。

  • 質問者アイコン

    来週納期だけど、間に合う。大丈夫?

  • 回答者アイコン

    はい。それまでには絶対に完成させますので。

職場での仕事やり取りについて同僚男女が会話をしています。

リファレンスの類義語

「リファレンス」の類義語には、「サイテーション」「コンサルテイション」などの言葉が挙げられます。

リファレンスまとめ

「リファレンス」とは参照や照会といった意味合いですが、それが現在はITやプログラミングなどの分野で特に使われる言葉となっています。専用のマニュアル(説明書)やプログラム中身を「リファレンスマニュアル」や「リファレンスコード」、或いは人事では応募者の経歴を調べたり必要書類を集める事も「リファレンス」と呼ばれる事からも、今後はさらに波及して様々な業界で使われていくでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事