リダイレクト(redirect)

「リダイレクト」とは、プログラムを処理するデータの入力元や出力先を変更することです。Googleで何か検索などをしている時に“リダイレクトの警告”という文字を見て驚いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はその「リダイレクト」について解説いたします。

[adstext]
[ads]

リダイレクトの意味とは

「リダイレクト」の意味は以下の通りです。
・プログラムを処理するデータの入力元や出力先を変更すること
・ネットワーク上で、接続先の変更を自動的に行うこと
・特定のページから別のページに転送すること

リダイレクトの由来

「リダイレクト」の由来は、英語の「Redirect」で、“書き換える”、“向け直す”といった意味からきています。

リダイレクトの文章・例文

例文1.ネットサーフィンをしていたら、リダイレクトの警告という画面が出てきた。
例文2.サイト内のURLをクリックしたら、別のページへリダイレクトされた。
例文3.ネット上でいつものページを開いたらリダイレクトと出てきたので、びっくりして思わず消してしまった。
例文4.リダイレクトされなかったから、手動でページを移動した。
例文5.Web上のリダイレクトでエラーが起きてしまった。
リダイレクトは、ウェブ関連の用語として用いられることが多いです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

リダイレクトの会話例

  • 質問者アイコン

    Google検索してたら、“リダイレクトの警告”という画面が出てきたんだけどこれ何か分かる?

  • 回答者アイコン

    これは移動先のリンクが違うか、不正なページにアクセスしようとしている時に出る表示だよ。

  • 質問者アイコン

    そうなんだ、なんか怖いから一回戻ってみるね。

  • 回答者アイコン

    怖いなんてことはないよ。

Webサイトを閲覧中にリダイレクト警告の画面が出てきたことについて話している様子です。

リダイレクトの類義語

「リダイレクト」の類義語は「転送」です。

リダイレクトまとめ

「リダイレクト」とは、主にウェブ上でページを移動する際に用いられる言葉です。インターネットで検索などを行うときに“リダイレクトの警告”という言葉を見かけても焦らずに対応することができますね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事