リソース

変化の早い昨今、あなたがどのくらいの仕事を出来るかは非常に大切ですし、日本は人口の減少に伴い労働力が極端に減ってきています。
先輩に「リソースどのくらいある?」と聞かれて何となくイメージは出来るけど間違って覚えていたのでは勿体ないので、今回は「リソース」という言葉についてご紹介します。

リソースの意味とは

リソースとは、一言で言えば、「空き具合」を指す言葉です。仕事をしていく中で、誰かの力を借りたくなる時は非常にたくさんの場面で出てくるかと思いますが、そんな時に利用する言葉です。
特にWEB業界においては制作者に対して案件を振り分ける際に仕様することが多いです。「今週のリソースあとどのくらい?」という具合に気軽に語り掛けられる言葉ですので、非常に重宝しますし、空きと言われるよりなまじか良い気分になります。

リソースの由来

英語の「resource」が原語です。「資源・資産」という意味になります。元々はプログラムやネットを利用する際の要素であるメモリ、電力量などを指していました。ビジネスにおいては、経営資源である「人・モノ・金」の資源の事を指します。

リソースの文章・例文

例文1.リソース不足でとてもじゃないが、平日だけでは仕事が終わらない
例文2.来週は忙しい1週間になる事が必須なので、事前にチームのメンバーのリソースを確認しておく
例文3.リソース不足はお客様に不安を与えるので、絶対に口にしてはいけないと教えられてきた
例文4.この規模の案件であれば3名分のリソースがあれば十分に1週間で対象することが出来る
例文5.リソースが充分に足りないため、今月末に予定していたサイトの納品が間に合わないかもしれない
リソースは人の空き具合に関して使われる事がビジネスにおいては多い自身のリソースを正確に把握しておくことが結果的に仕事のパフォーマンスに大きな影響を与えるので、日頃から意識することが大切です。

リソースの類義語

リソースに似た言葉として「空き」があります。どちらも同じような意味ではありますが、言葉の響きがやはりリソースの方が良いというのはあります。

リソースまとめ

リソースという概念は自分の時間、お金、企業の仕事などあらゆるところで必要になってくるので、今のうちから勉強して知識を身につける事が大切です。リソース不足は管理不足と言い換える事が出来るので、簡単にリソース不足である事をお客様にお伝えするのは遠慮したほうが良いでしょう。
なぜならリソースが不足しているという事は、それだけそのお客様一人に割ける時間が必然的に少ない事を意味するからです。
お客様からの信頼を勝ち得たいのであれば、キチンとあなたのために時間を取っていますというアピールが必要です。

この記事を読んでいる人に人気の記事