リセッションが来た

リセッション(recession)

経済に詳しい人であれば、「リセッション」という言葉を耳にしたことはないでしょうか。景気に関する言葉になりますが、日常生活の中で使うような言葉ではないので、よく知らないという人も多いでしょう。そこで、この「リセッション」という言葉の意味や用法に関して解説をしていきます。

リセッションの意味

リセッションというのは、日本語で景気後退のことを意味しています。景気というのはある一定の循環が存在しており、1つの循環を2つの局面もしくは4つの局面で分割して考える考え方があります。
・2つの局面=景気拡張期、景気後退
・4つの局面=好況、後退、不況、回復
リセッションは上記の4つの局面で表現した際の「後退」の部分にあたります。つまりは景気が良い状態から「不況」と呼ばれる状態への過渡期としてリセッションという位置付けが存在しています。
ちなみに、ヨーロッパでの一般的なリセッションの考え方としては、「1年のうちに国の実質国内総生産が2四半期以上連続して減少した時」とされているので、日本での考え方とは少し異なります。

リセッションの由来

リセッションとは先に述べたとおり、日本でいう景気後退を英語で表記したところからきています。

リセッションの文章・例文

例文1.ついにリセッションの状態に入った
例文2.このままリセッションが進むと不況に突入する
例文3.いずれはリセッションになる
例文4.リセッションにはならないでほしい
例文5.リセッションになることへの不安
景気が悪くなっていく状態を指すので、基本的にはなって欲しくないものです。

リセッションの会話例

  • 質問者アイコン

    現在の日本は好況の状態だけど、リセッションに入りそうな流れがあるね。

  • 回答者アイコン

    できればなって欲しくはないですけどね…
    仕方ないですよね。

  • 質問者アイコン

    そうだね。経済は循環するものだから、こればっかりは避けられないね。

  • 回答者アイコン

    経済の循環って時に皮肉ですね。

経済は巡っているので、上がったら必ず下がるものです。

リセッションの類義語

リセッションという言葉に近いものをあげるなら、「景気後退期」や「後退」といったような言葉は同じ意味合い、もしくは近い意味合いのものとなるでしょう。

リセッションまとめ

景気に関する言葉でリセッションという言葉に関してここまでまとめました。景気は社会全体の話題であり課題なので、自分ごととして簡単な知識を身につけておいて損はないと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事