リクルーターに相談に乗ってもらう

リクルーター(recruiter)

社会人として新しく会社に入る際のことを覚えているでしょうか。誰しもが期待半分、不安半分の気持ちで会社の面接試験を受け、入社をしたことと思います。そんな入社試験の過程でリクルーターに話を聞いたり、相談に乗ってもらったという人もいるのではないでしょうか。そんな「リクルーター」とはどういうものなのかに関して解説をしていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

リクルーターの意味

リクルーターというのは、自社への入社を希望している人と直接会って、会社のPRや入社のための動機形成を行う役割を持った人員のことです。大きな企業であれば人事部門とは別にリクルーターの役割を持っているスタッフが存在していますが、採用に直接携わるスタッフが並行してリクルーターの役割を持っている企業もあります。
役割や業務領域は企業によって様々で、上述した以外にもOB・OGが出身校の後輩にコンタクトをとったり、現在ではリクルートアプリを活用してマッチングした学生と直接やり取りをするような会社も増えてきています。

リクルーターの由来

一般的に企業の採用活動(=リクルート)を行う人というところから来ている言葉になります。企業PRの役割と学生に対して距離感が近く親しみやすい人員が向いているという理由から若手社員がこれを担っていることが多いです。

リクルーターの文章・例文

例文1.今日はリクルーターとして学生と面談を行う
例文2.この間話を聞いたリクルーターがとても丁寧に対応してくれた
例文3.我が社でもリクルーター制度を設けようと考えている
例文4.リクルーターは学生に近い年齢で会社のアピールができる人がいいと思う
例文5.あのリクルーターさんに相談に乗って欲しい
リクルーターは学生との距離関係が縮められると、自社PRや引き込みが容易る傾向があります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

リクルーターの会話例

  • 質問者アイコン

    今日は大学の後輩とランチをする予定なんだ。

  • 回答者アイコン

    今日?
    それってリクルーター活動の一環てこと?

  • 質問者アイコン

    そうだよ。一応リクルーターだから、そういったことも積極的にやるようにしてるんだよ。

  • 回答者アイコン

    頑張って会社のアピールをしてきてね。

実際にランチ面談というようなリクルーター活動を行なっている企業も少なくありません。

リクルーターの類義語

リクルーターの役割で考えると、「広報」や「PR」、「相談役」といったようなワードは近いものになるのかと思います。

リクルーターまとめ

リクルーターの体験やリクルーターに相談に乗ってもらったことがあるという人ならイメージがつきやすいと思いますが、学生からしてみたら、よき相談相手、気軽に話が聞けるお兄さん・お姉さんといった位置付けを作っている企業が多いです。リクルーター制度を設けることのメリットは大いにあるので、導入してみるのもいいかと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事