仕事が出来る人はリアリストが多い

リアリスト(realist)

リアリストとは、現実主義者のことです。リアリストは今何が起こっていて自分は何をするべきなのか理解できている人のことを表すことが多いです。全く現実とも向き合いもせずにただ空想を膨らませているような人はリアリストは対極にあると言うことができると思います。今回はそんなリアリストについて意味を交えて、見ていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

リアリストの意味とは

リアリストの意味は、現実主義者のことです。リアリストは、芸術や哲学などにおいても現実を見ている人のことを表します。実際に目で見て、現実で起こっていると認識できることや事実として確かに存在することを理解し、処理することができる人にリアリストという言葉が使われることが多いです。

リアリストの由来

リアリストの由来は、英単語である「realist」にあるとされています。「realist」の意味は現実主義者です。そのため、リアリストという言葉が今の意味で使われるようになったと考えられています。

リアリストの文章・例文

例文1.リアリストである彼女は、実現可能な提案しかしない。
例文2.絵空事ごとしか言わない人より、リアリストでこの世の中をより良くするために行動する人のほうがよい。
例文3.計画性があり、常に将来を見据えた行動をするリアリストになるべきだ。
例文4.リアリストである彼は、感情がないのかというくらいきっぱりしている。
例文5.リアリストである彼らにとって過程などは重要ではなく、結果がすべてである。
これらからリアリストという言葉は、現実をちゃんと捉えている人のことを表します。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

リアリストの会話例

  • 質問者アイコン

    彼はいつも優秀な成績を収めていて凄いと思うよ。実績も多いしね。

  • 回答者アイコン

    うん。彼ほど結果を残していたら仕事を任せたくなる気持ちもわかるよ。

  • 質問者アイコン

    そうだね。目的を達成するためなら手段を選ばないし、結果を追い求める姿勢は本当に尊敬に値するよ。

  • 回答者アイコン

    まさにリアリストだね。僕たちも彼を見習わなきゃね。

これは、リアリストである彼について話している様子です。

リアリストの類義語

リアリストの類義語には、「不可知論」「現実主義者」「無神論」などがあります。

リアリストまとめ

確かに何か物事に取り組むにあたって結果も大事ですが、それまでの過程というものも大切ではあります。しかし、結果が振るわなければそれまでの取り組みや努力は報われないと思います。だからこそ、仕事などではリアリストとして結果を多く残せるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事