ランチェスター法則

ランチェスターの法則

元々は戦闘や戦争の際に用いられる勝利に導く法則でしたが、近年はゲーム理論や投資、何よりビジネスや経済の世界で多く使われるのが一般的です。経営戦略の代表として、あまりにも有名なのは「孫子の兵法」ですが、その次に位置するのが「ランチェスターの法則」となります。中でも営業戦略やマーケット理論やそのシェア獲得についてのするどい分析等々は、現代の企業経営においてバイブルと化しています。

ランチェスターの法則の意味とは

戦闘で大事なのは自国と相手国の戦力を分析する事で、それが勝者と敗者を決定付ける分かれ道となります。攻撃力は兵士数と武器によって導かれ、これを現在の経営戦略に応用させます。すなわち、「ランチェスター戦略」とは経営における弱者と強者の理論であり、大企業を強者、中小企業を弱者とすると、それぞれが取るべき経営戦略も導かれます。大企業は総合力で勝負をして、中小企業は一点突破型の差別化や個性を際立たせるのが、「ランチェスターの法則」の基本です。また、マーケットシェア理論なるものでは、ある市場においてどの程度占有すれば、どのような状況になるのか的確に判断しています。今から100年以上前に、マーケットシェアの理論を確立させ後世に重要性を説いたのです。

ランチェスターの法則の由来

イギリスの自動車工学などのエンジニアであるフレデリック・ランチェスター氏が、1914年に発表した「集中の法則」というレポートが、後の「ランチェスターの法則」です。第一次世界大戦で軍事的法則を考察したもので、現在は経営やビジネス論という分野でより有名です。

ランチェスターの法則の文章・例文

例文1.ランチェスターの法則を実践する経営者は多い
例文2.ランチェスターの法則は特に日本で強く支持されている
例文3.現代の経営論として、あまりにも有名なのがランチェスターの法則である
例文4.ランチェスターの法則に関する書籍はとても多い
例文5.将来、一流の経営者になりたいのでランチェスターの法則を今から学んでいる
何しろ法則名なので日常会話などで使われる事は少なく、例文もあまり実用的とは言い難いですが、何となくの使い方は理解できると思います。

ランチェスターの法則の類義語

「ランチェスターの法則」の類義語には、「ハインリッヒの法則」「パーキンソンの法則」などが挙げられます。

ランチェスターの法則まとめ

第一次大戦中に、イギリスのフレデリック・ランチェスター氏によって編み出された軍事法則が「ランチェスターの法則」で、現在はそれを応用して経営やビジネス戦略として広く知れ渡っています。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事