ランサムウェアを警戒する

ランサムウェア(Ransomware)

IT技術が進歩して、携帯電話やパソコンなどから様々な事が出来て便利になっていく半面、そういった技術を悪い事に用いようと考える人もいます。例えば、「ハッキング」」や「ウィルスプログラム」、「なりすまし」といったものが挙げられますが、今回は「ランサムウェア」という言葉の解説をしていきたいと思います。

ランサムウェアの意味とは

ランサムウェアとは、コンピュータウィルスやワームなどの「マルウェア」と呼ばれるものの1種です。「マルウェア」とはパソコンに不正動作を起させるためのソフトやコードの事を指します。ランサムウェアに感染したコンピュータは利用者のアクセスが制限され、それを解除するために金銭を要求するといったものです。英語の表記は「Ransomware」となります。

ランサムウェアの由来

ランサムウェアの存在が初めて知られたのは、1989年にジョセフ・ポップによって作られた「AIDS Trojan(トロイの木馬)」と呼ばれるものでした。これは、ソフトウェアの特定部分のライセンスが切れていると言い、ハードディスクのファイル名を暗号化して、その解除のためにお金が必要と利用者に主張する物です。これが、最初のランサムウェアであったと言われています。2014年に初めて日本のユーザを対象としたランサムウェアが確認された。

ランサムウェアの文章・例文

例文1.私のパソコンがランサムウェアに引っかかってしまって、どうしたらいいかわからない
例文2.ランサムウェアにかかっても、すぐにお金を払わずに、専門の業者に相談した方がよい
例文3.ランサムウェアを作るような人も、それで悪いことをする人も許せない
例文4.知り合いの会社がランサムウェアの攻撃対象になったらしい
例文5.ランサムウェアに攻撃されても対処できるように、最低限の知識は身に着けておこう
例文の様に、身体に実害はなくても、ランサムウェア=武器といったような捉え方をすることが多いかと思います。

ランサムウェアの類義語

ランサムウェアがマルウェアから来ていることから、「マルウェア」は類似するものになりますし、その中にカテゴリーとして含まれる、「コンピューターウィルス」や「ハッキング」もランサムウェアの類似ワードになります。

ランサムウェア(Ransomware)まとめ

ランサムウェアは攻撃されると、それの解除のために金背を要求してくるという物ですが、解除するためのソフト等もあるので、まずは専門業者に相談してください。安易にお金を払えば、相手の思うツボなので気を付けて下さい。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事