ラカント(Lacanto)

「ラカント」とは「天然由来の植物から作られたカロリーゼロの『自然派甘味料』」です。「甘味は旨味」と言うぐらいですから、料理や飲み物には多少甘味がないと美味しく感じない人も多いでしょう。しかし、甘い物は体に悪いイメージや太る心配もありますよね。そんな悩みを解決する天然の甘味が「ラカント」です。

[adstext]
[ads]

ラカントの意味とは

「ラカント」の意味は以下の通りとなります。
 (1)中国原産のウリ科植物「羅漢果」(ラカンカ)とブドウ糖を原料とする天然甘味成分「エリスリトール」から作られたカロリーゼロの自然派甘味料。
 (2)砂糖の代替食品として料理や飲料やお菓子作りに使用され、またカロリーゼロな事から健康意識が高い人からも注目されている天然の甘味料。
「ラカント」はカロリーゼロでありながら天然植物を原料としている事で注目を集める甘味料です。古代中国では漢方薬でもあったウリ科植物「羅漢果」のエキス、トウモロコシ由来のブドウ糖を発酵させた天然の糖アルコールでもある甘味成分「エリスリトール」の2つから作られたのが「ラカント」で、簡単に言えば「砂糖の代替食品」となります。砂糖同様の甘さがありながらカロリーゼロであり天然植物が原材料となっている事から、例えば病気で体調が優れない人やダイエットに取り組んでいる人、或いは日頃から健康を意識している人々から人気が高いです。砂糖同様に料理やコーヒーなどに「ラカント」を入れるので顆粒・シロップなどの種類があり、その用途に応じて使い分けが可能です。これだけメリットが多い「ラカント」のデメリットには「大量に取るとお腹を下す」「砂糖よりも割高」「カロリーゼロな事から食べ過ぎる」といった点もあるので、これらに注意をすれば素晴らしい甘味料となります。ちなみに商品としては医薬品・食品製造メーカー「サラヤ」の「ラカントS」が代表です。

ラカントの由来

「ラカント」の由来は古代中国では漢方薬となっていたウリ科植物「羅漢果」から名付けられました。「羅漢果」は中国南部の広西チワン族自治区が原産地で、原住民・ヤオ族が「長寿の神果」と呼び「甘い漢方薬」として人々が食してきた歴史があり、それを「サラヤ」が1993年に研究を始めて、1995年に「ラカントS」として発売を開始しました。

ラカントの文章・例文

例文1.再びリバウンドで太り始めたので、またラカントに頼ってダイエットを再開することにした。
例文2.愛犬までラカントが好きになってしまったので、ドッグフードに入れないとワンワンと煩く吠えて溜まったものじゃない。
例文3.アイスクリームの上にたっぷりのラカントをかけて、ゆっくりと噛みしめるように味わうのが休日の醍醐味である。
例文4.人工甘味料は不安だが、天然成分のラカントなら健康にも良いはずだ。
例文5.ラカントがないとキレた妻を宥める為、深夜に買い物に出かける俺は良くできた亭主だと思うが、妻と子供からすると頼りがいがない醜い中年オヤジだそうで、人生とは甘くない。
「ラカント」を使った例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ラカントの会話例

  • 質問者アイコン

    俺のコーヒーにもラカントをたっぷり入れてよ。

  • 回答者アイコン

    あなたはダメよ。糖尿なんだから甘いものは控えないと。

  • 質問者アイコン

    ラカントは甘いけど、糖尿病の俺でも問題ないんだよ。

  • 回答者アイコン

    それでもダメだって。甘い味を覚えたら、また夜中に冷蔵庫を開けてハチミツを一気飲みするでしょう。とにかく糖尿病が良くなるまではラカントでも禁止だから。

「ラカント」も禁止されてしまった糖尿病の夫という内容です。

ラカントの類義語

「ラカント」の類義語には「ステビア」「グリチルリチン」「エリスリトール」「甘味料」「シュガー」「白糖」「白砂糖」「黒砂糖」「赤砂糖」などの言葉が挙げられます。

ラカントの対義語

「ラカント」の対義語には「人工甘味料」「サッカリン」「アスパルテーム」「アドバンテーム」「ネオテーム」「スクラロース」などの言葉が挙げられます。

ラカントまとめ

以上が砂糖の代わりとなる天然の甘味料「ラカント」についての解説でした。「羅漢果」という植物から抽出したエキスとブドウ糖から作った天然甘味料というのが最大の特徴で、他の人工甘味料を過剰摂取すると糖病病など成人病になりやすい事から危険性性が指摘されていますが、天然の甘味料「ラカント」は健康にも良い食品となっています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

Checkmateのサービスを紹介する広告です。
この記事を読んでいる人に人気の記事