ユートピアはある

ユートピア(Eutopia)

世の中の書物や文献の中や伝承の中には様々な形で「理想郷」や「楽園」というものに関する記述が存在しています。呼び方は様々ですが、それが示すものには共通項も多く存在しているとされています。そうしたものの一つに「ユートピア」という呼び方が存在しています。この言葉について解説をしたいと思います。

ユートピアの意味

ユートピアというのは、作品中に登場する理想郷であると同時に、国家の呼び名を指したものです。それは現実には決して存在しない理想的な社会として描かれており、そこに存在している意図としては、現行社会と対比して批判を行うというものだったようです。
ユートピアというのは単なる理想郷という意味合いのものではなく、作者の意図としては非人間的な管理社会の色が強く、自由主義的かつ牧歌的なものとは趣向が違うようです。

ユートピアの由来

ユートピアは、トマス・モアによって1516年に出版された著書である「ユートピア」に登場する架空の国家の名称です。ギリシア語で「ou=無い」、「topos=場所」という2つの言葉から「どこでもない場所」という意味で用いられることが多いようです。

ユートピアの文章・例文

例文1.何かの記述でユートピアという言葉を目にしたことがある
例文2.ユートピアの歴史について調べる
例文3.今の職場は私にとってのユートピアだ
例文4.僕にとってのユートピアはどこにあるのだろう
例文5.ユートピアは必ずあると信じている
どういうものがユートピアなのかは人によって違うので、その辺りで印象のばらつきは多少あるかもしれませんね。

ユートピアの会話例

  • 質問者アイコン

    まだ入社して1週間だけど、福利厚生も充実していていい会社ですよね。

  • 回答者アイコン

    そうかな?私はずっといるからわからないけど。
    前はそんなにひどかったの?

  • 質問者アイコン

    とても言えなくらい…。それと比べたら、ここはユートピアのようなものです!

  • 回答者アイコン

    そんな大げさな。でも喜んでくれたようで何より。

日常生活の中で頻繁に用いられるような類の言葉ではないですが、稀に口にしたり耳にしたりすることはあるかもしれませんね。

ユートピアの類義語

ユートピアすなわち理想郷を指す言葉というのは世界中に無数に存在しています。代表的なものでは「桃源郷」や「アルカディア」や「エデン」といったものがあります。日本においても「常世の国」や「ニライカナイ」といった理想郷の伝承が存在しています。

ユートピアまとめ

上述したように理想郷を指す言葉や名称は世界中に様々な形で存在していますが、どういうものが理想なのかは様々なため、理想郷の形というのも様々なようです。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事