ユーザビリティー(usability)

「ユーザビリティー」とは、ソフトウェアなどの使いやすさを表します。ITなどで良く用いられる言葉ですが、一般的にも聞く機会の多い言葉です。例えば、使い勝手の良い商品に対しては、「この商品ユーザビリティーが高い」といわれることもあります。今回はそんな「ユーザビリティー」という言葉について解説します。

[adstext]
[ads]

ユーザビリティーの意味とは

「ユーザビリティー」の意味は以下の通りです。
・(ソフトウェアや製品などの)使いやすさ
・使い勝手
・有用性
Webサイトを使う際にも用いられ、ストレスなく扱うことができればできるほど「ユーザビリティー」が高くなるということです。ネットショッピングサイトなどでは、アンケートや星の評価などで、各商品の「ユーザビリティー」が決まります。

ユーザビリティーの由来

「ユーザビリティー」は、使用性や有用性といった意味を持つ「usability」をそのまま日本語として使われるようになりました。特にIT分野などで用いられることが多いです。

ユーザビリティーの文章・例文

例文1.ユーザビリティーの高いソフトウェアを取り扱う。
例文2.ユーザビリティーを向上させるために開発を行う。
例文3.ユーザビリティーを高めるためには常にニーズに合わせることが求められる。
例文4.購入者からの評価が、商品のユーザビリティーになる。
例文5.ユーザビリティーを改善するため、研究チームでミーティングを行なった。
「ユーザビリティー」を使った例文になります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ユーザビリティーの会話例

  • 質問者アイコン

    パソコンを買い替えようか迷っているんだけどオススメのある?

  • 回答者アイコン

    自分が使っているのはユーザビリティーも高いし結構良いと思うよ。

  • 質問者アイコン

    本当?今度見せてもらってもいい?

  • 回答者アイコン

    もちろん。

パソコンについて会話をする様子です。パソコンなどの買い物をする際、「ユーザビリティー」の高いものを選んだ方が安心ですね。

ユーザビリティーの類義語

「ユーザビリティー」の類義語は、「使い勝手」などがあげられます。

ユーザビリティーまとめ

「ユーザビリティー」は、「使いやすさ」や「使い勝手」といった意味を持つ言葉でした。買い物などをする際にも、「ユーザビリティー」は商品を選ぶ一つの参考基準になりますね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事