メンターのサポートが成長の鍵

メンター

人事部でお仕事をしているとき、新入社員の育て方が分からずどうしてよいか困ったことはありませんか。近年日本のビジネス社会で広まっているのが、メンターという制度です。メンターを取り入れると、社内の風とおしが良くなり効率的に人を育てることができるようになります。メンターについて、正しい知識を深めていきましょう。

メンターの意味とは

メンター【Mentor】とは企業が人材を育成するときに用いる手法です。メンターには助言・アドバイスという意味があり、主に新入社員のサポートをおこなう役目の人を指しています。メンター制度があることによって、新入社員は分からないこと・困ったことがあれば進んで聞くことができます。物理的な問題だけではなく、精神的な悩みにも応えてあげるのがメンターの役目。サポート体制を整えておくことによって、新入社員の突然の退職を未然に防ぐことができます。

メンターの由来

英語のメンターには、指導者という意味があります。ギリシャ神話の中には素晴らしい先生という意味で、メンターという名の登場人物が活躍しています。優秀な人材を作り上げるためには、素晴らしいサポーターや指導者も必要です。近年若者の離職が問題視されるようになり、人材育成という意味でのメンタリングそしてメンターが注目されるようになりました。英語から生まれた言葉が、しだいに日本のビジネス社会で息づいたのがメンターの由来です。

メンターの文章・例文

例文1.来年度の新入社員のメンターを、君にお願いできるかな。
例文2.メンター制度を本格的に導入するための、社内セミナーをおこなった。
例文3.メンターをおこなってから、新入社員の離職率が極端に下がった。
例文4.メンター制度がはじまって、営業の悩みを気軽に打ち明けられるようになりました。
例文5.御社ではメンター制度を採用していますか?
メンターにはキャリアアップに悩む社員をサポートする側面があるものの、メンターになる社員の業務内容が増えるデメリットもあります。現場の状況に応じて、メンターを取り入れるか否かを柔軟に決める姿勢も大切です。

メンターの類義語

メンターの似た制度として用いられるのが、エルダー制度です。エルダーには年上の…という意味があり、キャリアの浅い社員に対してキャリアの長い年長者が仕事の面でアドバイスをおこなう制度のことを示しています。

メンターまとめ

メンターは主に新入社員のサポート制度のことを指しています。先輩社員がスキルの浅い社員に対して、指導やアドバイスをおこなう制度をあらわしています。メンター制度があることによって、小さな悩みを気軽に打ち明けることができる風とおしの良い社風を作ることができます。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事