メラビアンの法則をビジネスに活かす

メラビアンの法則(the law of Mehrabian)

突然ですが、あなたは見た目が人に与える印象が何%かご存知ですか?日頃お客様に会う営業マンであれば身だしなみや言葉遣い声のトーンなど色々な事を意識しますよね。営業マンでなくても人に会うのであればやはり意識的に身の回りを整えようとします。そこで、今回はビジネスマンであれば絶対に知っておくべき「メラビアンの法則」というものをご紹介いたします。今回の記事で紹介するような内容を意識するだけでもだいぶ相手に与える印象は違うかと思いますので、是非意識してみてください。

メラビアンの法則の意味とは

メラビアンの法則とは、話し手が聞き手に与える影響が「言語情報」「聴覚情報」「視覚情報」の3つであり、それぞれ内訳が「言語情報」7%、「聴覚情報」38%、「資格情報」55%という割合で構成されているとするものです。人はそれを無意識のうちにやっていますが、実際には細かく分けるとこのような割合で判断をしています。
ここで驚くべきは、非言語的コミュニケーション(言葉以外のコミュニケーション)が93%を占めているという事です。つまり、実際に伝えている言語情報は当人は大切に思っていても、実際には7%しか伝わっていないという事です。話し始める時には既に相手の話を聞くか聞かないかを決めているとも解釈できるので、非常に恐ろしい数値でもあります。

メラビアンの法則の由来

メラビアンの法則は1971年にアメリカで提唱された概念です。曖昧になりがちな相手への第一印象として与える影響の数値を行う事で、何を重視するべきかを明確にした点で非常に価値のある法則です。

メラビアンの法則の文章・例文

例文1.メラビアンの法則を意識して見た目にこだわってスーツを変えました
例文2.人は見た目が9割というけど、メラビアンの法則からすればあながち間違っていない
例文3.見た目に意識を置いていない後輩がいたので、メラビアンの法則の話をしてあげた
例文4.メラビアンの法則からすれば人は話始める前に既に話を聞いてもらえるかどうかが決まっている
例文5.自分の意見が通りやすくなるようにメラビアンの法則を意識して先ずは注意を向けさせる
冒頭でビジネスマンの方であれば知っておくべきと言いましたが、何もビジネスマンだけでなくもっと幅広い方に役に立つ法則ですので、是非意識していきたいですね。

メラビアンの法則の類義語

メラビアンの法則の類義語、関連語としては「「7-38-55のルール」「人は見た目が9割」などがあげられます。

メラビアンの法則まとめ

いかがでしたでしょうか。
人は見た目じゃないという人もいますが、明らかに見た目が大切であることがお分かり頂けたでしょうか?是非、今日から人に会う前に5分でも自分の身なりや声のトーンを整える時間を作ってみてはいかがでしょうか。その事前の準備がビジネスにおいては重要と言えるでしょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事