メタバース(metaverse)

メタバースとは、コンピュータやネットワークといったオンライン上に構築された、現実の世界とは異なる3DCGで構築された仮想空間のことです。技術の進歩が急速に進む近世において、メタバースに参入している企業も増えてきています。それでは今回は、そんなメタバースについて解説してきます。

[adstext]
[ads]

メタバースの意味とは

メタバースの意味は、インターネット環境の発展による世界がコンセプトとなったバーチャル空間の一種のことで、コンピュータやネットワークのようなオンライン上で構築された仮想空間やサービスの総称を指しています。自身の分身のようなキャラクターであるアバターを使って集う空間や、企業がVRを活用することで新たに参入した商業的空間、実際に足を運ぶ旅行ではなくオンライン上で様々な国の人と交わるグローバル活動など、非現実的な常識に縛られることのない世界のことを表しています。VRとの違いとしては、メタバースは、仮想空間の中で他のユーザーと交流をする世界そのもののことを指していて、VRはその世界を現実にするための有効なツールのことを指しています。メタバースに参入している企業の代表例としては、Facebook社やMicrosoft社、GREE社やDecentraland社などがあげられます。因みに、Facebook社は2021年に、よりメタバースを中心に事業を進めていくことを明確に示すため、社名を「Meta」に変更するという発表をしており、それだけメタバースは今後のビジネス面においても新たなものとして考えられています。

メタバースの由来

メタバースの由来は、超越といった意味を持つ「Meta」と、宇宙や世界といった意味を持つ「Universe」を組み合わせてできた造語となっています。SF小説のスノウクラッシュに登場したネット上の仮想の世界が「メタバース」という名前を用いられていたことも、由来となっています。

メタバースの文章・例文

例文1.これからはよりメタバースに参入していく企業が増えることだろう。
例文2.Fortniteはメタバースとして考えられる。
例文3.ビジネス活用の手段としてメタバースを利用する。
例文4.メタバースを謳い文句にした詐欺には注意が必要だ。
例文5.メタバースを用いることで新たに幅が広がるだろう。
メタバースを使った例文になります。メタバースという言葉を耳にすることが増えてきている中で、例文4で紹介したようなメタバースを謳い文句にした投資信託などの詐欺も増えているようなので注意が必要です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

メタバースの会話例

  • 質問者アイコン

    最近仕事の調子はどう?

  • 回答者アイコン

    このコロナ渦において、海外出張などもなくなったけど、その分メタバースを活用してオンライン上で他国の人とやり取りができるようになって斬新だよ。

  • 質問者アイコン

    コロナ以降、リモートワークやオンライン会議なども増えているよね。

  • 回答者アイコン

    そうなんだよ、めっきり仕事のやり方も変わったけど、今はこっちの方がはるかにやりやすいかな。

メタバースの活用によって新たなコミュニケーションを行うための手段として、海外の人とのやり取りもオンライン上で行えるという事を話しています。

メタバースの関連語

メタバースの関連語には、「セカンドライフ」「仮想空間」などがあげられます。

メタバースまとめ

メタバースとは、バーチャル空間の一種で、仮想空間やサービスの総称のことでした。Facebook社が社名を変更したことから、特に耳にすることや注目を集めることも増えた言葉だと思いますが、実際に新たなマーケットの形としてなりつつあるのがメタバースです。2022年このメタバースという言葉を日常的に聞く機会も増えてくるかもしれません。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事