何事にもメソッドがある

メソッド(method)

どんな物事や技術、分野においても必ず軸や核となるような中心が存在しています。そうしたものを「メソッド」という言葉で表現することがあります。このメソッドがなくなってしまうと全く違うものになってしまったり、他者から見て何をやっているのかよくわからないものになってしまったりします。そこで、このメソッドとは何なのかについて解説をしていきたいと思います。

メソッドの意味

メソッド(もしくはメソード)という言葉自体の意味はとてもシンプルで、方法や方式のことを指します。特定の分野で用いられていたり、固有名詞に組み込まれている場合は、カタカナのまま用いられている場合もあります。例えば、作曲においては「バークリーメソッド」、語学指導法に「オーラルメソッド」という言葉が存在しています。

メソッドの由来

メソッドは方法や方式を表す英語がそのまま定着した言葉になります。

メソッドの文章・例文

例文1.どんなことを学ぶにあたってももメソッドを知ることが大切だ
例文2.メソッド無くして発展や進展はありえない
例文3.メソッドを崩してしまったら、元も子も無くなってしまう
例文4.先ずはメソッドを習得したい
例文5.新しく入社したら、メソッドを知ることが最優先だ
手に技術が求められるような職種や経験が重要になってくる職種では、このメソッドという単語は使われていることが多いのではないでしょうか。次に会話例としての使い方も見ていきましょう。

メソッドの会話例

  • 質問者アイコン

    入社おめでとう。色々学ぶことがあって大変だと思うけど、頑張ってね。

  • 回答者アイコン

    ありがとうございます!
    早く仕事に慣れるためのコツはありあますか?

  • 質問者アイコン

    やはり、メソッドをいかに早く落とし込めるかどうかじゃないかな。

  • 回答者アイコン

    わかりました。メソッドを早く覚えられるように頑張ります。

会社においてはこのように、新入社員に対して言葉を使うような機会もあるでしょう。

メソッドの類義語

上述したことの繰り返しになりますが、メソッドにはその中に「●●メソッド」という呼び名がついているものが多数あります。例えば「タグチメソッド」というような人の名前がついたものや、「ケースメソッド」というようなものもあります。

メソッドまとめ

世界には様々な分野に様々なメソッドが存在しています。それらを知ることで、今まで知りえなかった分野を知るきっかけになるので、ぜひ色々なメソッドを調べてみてください。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事