メイストームデーに別れ話

メイストームデー(May Storm Day)

日本には数多くの記念日や祭日が存在していて、中には聞き慣れないものや、変わった記念日も存在しています。その中でも5月13日は「メーストームデー」という日になっています。聞き慣れない方も多いと思うので、この日がどういう日なのかを解説していきたいと思います。

メイストームデーの意味とは

メイストームデー(直訳すると”5月の嵐の日”)は一言で言えば、別れを切り出すための最適な日という日になります。つまり、あまりめでたくない日です。カップルや恋人、夫婦などの関係性に区切りつけるのにもってこいの日になります。ちなみにこの日は「八十八夜の別れ霜」という言葉にちなんで、バレンタインデーから88日後の5月13日に定められています。(閏年にはバレンタインデーから88日後は5月12日になりますが、メイストームデーは5月13日のままです。)

メイストームデーの由来

メイストームデーは日本起源であるということ自体が全く分かっていません。いつから存在している日なのかわかりませんが、メイストーム自体は日本起源の言葉というのははっきりしています。

メイストームデーの文章・例文

例文1.メイストームデーに彼氏と別れよう
例文2.今日はメイストームデーだ
例文3.5月13日はメイストームデーというらしい
例文4.メイストームデーに別れを切り出されたらどうしよう
例文5.メイストームデーだけど、私はラブラブだから関係ない
メイストームデーだから何かをしなければいけないというわけではないですが、少し不安を覚える人もいるのではないでしょうか。続いて、会話での言葉の使い方も見てみましょう。

メイストームデーの会話例

  • 質問者アイコン

    ずっと考えてたんだけど、僕たち別れよう。

  • 回答者アイコン

    どうして!?
    昨日まで普通だったのに!

  • 質問者アイコン

    メイストームデーの今日の方が切り出しやすいと思ってたんだ。

  • 回答者アイコン

    メイストームデーだからって、勝手に決めないでよ。

メイストームデーを知っている人は、このようなことも起こるかもしれませんね。

メイストームデー以外の同日の記念日・祭日

5月13日にはメイストームデー以外にも、「愛犬の日」「カクテルの日」「竹酔日」といったような、同日だけでもいくつかの記念日が存在しているので、気になる方は他の日も調べてみてください。 

メイストームデーまとめ

別れるのに都合のいい日として存在しているわけですが、勘違いして欲しくないのは「別れるための日」ではないということです。関係性として別れた方がお互いのためになるなどの状態であれば、このメイストームデーを利用するのは良いでしょうが、軽い気持ちで別れるのは相手を傷つけてしまうだけなのでやめましょう。この日をきっかけとして、関係性を再確認できるといいのではないでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事