ミドルマネジメントとして指揮をとる

ミドルマネジメント(middle management)

現状でも次から次へと新しい企業が市場に参入していっている中で、企業の拡大には人員の増加が必須事項となってきます。ま他それに伴って重要になってくるのは「ミドルマネジメント」のポジションです。ではこのミドルマネジメントとは何なのかについて言葉の解説を行なっていきます。

ミドルマネジメントの意味

ミドルマネジメントというのは、言い方を変えるなら「中間管理職」のことを指します。ミドルマネジメントの役割というのは、経営層(トップマネジメント)の意思や考えを一般社員(ロワーマネジメント)に伝え、間をとり持つことにあります。またその逆で、一般社員の考えや話から現状を正確に把握して経営層に伝えるという役割も担っています。簡潔にまとめるのであれば、経営層と一般社員の間に起こるコミュニケーションのギャップを極力少なくしていくことが役割と言えるでしょう。
また、会社の規模が大きくなるにつれて指揮系統の複雑化や多様化、高い処理能力、リーダーシップや管理能力がより高い領域で求められるようになります。

ミドルマネジメントの由来

ミドル=中間、マネジメント=管理というところから、経営層と一般社員の間に立って管理するというところから来ています。

ミドルマネジメントの文章・例文

例文1.ミドルマネジメントは大変だ
例文2.ミドルマネジメントは上と下の板挟みにあう
例文3.来月からミドルマネジメント層に昇進する
例文4.ミドルマネジメントには苦労も多い
例文5.ミドルマネジメントとして気合いを入れて頑張ろう
一つのキャリアとしてミドルマネジメントはやりがいがありますが、その分一般職よりも苦労も多いです。

ミドルマネジメントの会話例

  • 質問者アイコン

    ミドルマネジメントの役職に昇進したはいいけど、不安も多いんだよね。

  • 回答者アイコン

    そうなんですか?
    給与や待遇が当たったんならよかったじゃないですか!

  • 質問者アイコン

    その分、タスクも増えたからね。慣れるまでは苦労しそうだよ。

  • 回答者アイコン

    私もサポートするので頑張ってください。

業種や会社にもよるでしょうが、一般職からミドルマネジメントに上がることで業務負荷が一気に増えます。

ミドルマネジメントの類義語

ミドルマネジメントと同じような言葉としては、経営層を指す「トップマネジメント」や、一般社員を指す「ロワーマネジメント」という言葉があげられます。

ミドルマネジメントまとめ

ここまでミドルマネジメントという言葉の意味について解説してきました。言葉の意味や使い方を正しく理解して、普段の生活の中に役立ててください。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事