間違った道にミスリードすることを防ぐ看板

ミスリード(mislead)

ミスリードとは、誤認を誘うことです。嘘であるにも関わらず、事実であるかのように話す人を皆さんも1度は目にしたことがあるのでは無いでしょうか。そんな人の行為をミスリードを誘うと言うことがあります。今回はそんなミスリードについて意味や由来、使い方、類義語などを合わせて見ていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

ミスリードの意味とは

ミスリードの意味は、誤認を誘うことです。誤解を招くようなことや人の判断を誤らせるよう場合に使うことができます。ミスリードとは、故意に行われることもあり、それは相手を騙したり、陥れたりするためな場合も多くあるので知っておくといいと思います。

ミスリードの由来

ミスリードの由来は、英単語の「mislead」にあります。接頭語の「mis」には間違えるという意味があります。また「lead」には誘導するという意味があります。このことからミスリードが今日の意味で使われるようになったと考えることができます。

ミスリードの文章・例文

例文1.ミスリード誘って嘘があたかも事実であるかのように多くの人に信じ込ませる。
例文2.圧倒的不利な状況で勝ち目がないと思われていたが、ミスリードを誘い、情報を撹乱することによって見事に勝利を収める。
例文3.ミスリードにまんまと騙されてしまい、恥ずかしい思いをする。
例文4.発言力のある人の演説により、多くの人がミスリードされてしまい、大衆の意見が操られてしまう。
例文5.最初から決めるつけるのはよくない。そのせいでミスリードを誘発してしまうかもしれない。
これらからミスリードという言葉は、誤認を誘う様子を表すには最適な言葉です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ミスリードの会話例

  • 質問者アイコン

    あの圧倒的に不利だった戦において彼が勝つことができたのはなんでだと思うかい。

  • 回答者アイコン

    それは、おそらくミスリードを誘い、相手に圧倒的に有利であると思わせて、奇襲に成功したからだと思います。

  • 質問者アイコン

    その通りだね。油断大敵というように油断していると隙を突かれてしまうからね。

  • 回答者アイコン

    答えが合っていて良かったです。このことから情報が如何に大切であるかということがわかりました。

これは、歴史の先生と生徒が話している様子です。

ミスリードの類義語

ミスリードの類義語には、「そそのかす」「アジる」「入れ知恵」などがあります。

ミスリードまとめ

誤った情報というもの時に人を混乱させてしまいます。人を疑うことを知らなかったり、嘘を見抜けなかったりする人はミスリードを誘われてしまい、騙されてしまうこともあると思います。今日は多くの情報で溢れているため、間違った情報を見抜くことができないと困ってしまうこともあると思います。そういったものに騙されないように心掛けれるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事