マークアップ(markup)

「マークアップ」とは、元々商売における定価から原価を引いたマージン(利益)と呼ばれる「利ザヤ」の事を表す時に使います。ですが、IT化が進む中でHTML(Hyper Text Markup Language)が出てきてからは、コンピューター上で識別するため言語ということでよく使われるようになっています。そこで、今回は「マークアップ」由来や使い方について詳しく解説していきます。

[adstext]
[ads]

マークアップの意味とは

「マークアップ」の意味は以下の通りです。
・商売におけるマージン(利益)の部分
・印刷物の組を指定するもの
・コンピューターにおける識別用のマークを付けること
商売では、いわゆる商品の定価から原価を引いた利益部分のことで、例えば、原価100円のモノを130円で販売したら、マークアップ率が30%ということになります。
IT業界でのマークアップとは、コンピューターが識別可能なタグ、例えば見出しであればタグ、画像であればタグといった識別があり、それらの全てのタグをマークアップ言語と言います。

マークアップの由来

「マークアップ」の由来は、英語圏による出版過程の原稿“marking up”からきているとされています。

マークアップの文章・例文

例文1.エンジニアとしてマークアップ言語だけ覚えていても、仕事で使える人間には程遠い。
例文2.マークアップ言語の勉強をする。
例文3.原価からマークアップを設定する。
例文4.Webサイトの基礎はマークアップ言語によって構築されている。
例文5.印刷する際にマークアップの確認を行う。
「マークアップ」には様々な意味があります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

マークアップの会話例

  • 質問者アイコン

    Web制作をしようと思って、HTMLの勉強を始めてみたんだ。

  • 回答者アイコン

    すごいね、プログラミングみたいなやつ?

  • 質問者アイコン

    HTMLはプログラミングではなくマークアップ言語って言うんだよ。

  • 回答者アイコン

    そうなんだ、難しそうだね。

マークアップ言語であるHTMLについて話す男女の様子です。

マークアップの類義語

「マークアップ」の類義語は「マージン」、関連語は「HTML」「SGML」「XHML」「XML」などになります。

マークアップまとめ

「マークアップ」とは、マージンや、言語など、様々な意味を持っています。商売やHTMLの学習などを始めると、その言葉に触れる機会も増えるかもしれないですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事