マンドゥ(MANDU)

「マンドゥ」とは「若い女性を中心に流行っている韓国風餃子」です。日本でもラーメン屋や冷凍食品の定番だけでなく、宇都宮や浜松など町興しの役割も兼ねるソウルフードの餃子ですが、お隣の韓国でも大変人気があります。日本の餃子とは具材や食感などが微妙に違うので、その点が流行りに詳しい若い世代にはウケているようです。それではSNSでもよく見掛ける「マンドゥ」の解説となります。

[adstext]
[ads]

マンドゥの意味とは

「マンドゥ」の意味は以下の通りとなります。
(1)韓国又は朝鮮風餃子の料理で、豚肉・ニラ・キムチ・大根・豆腐・春雨などの具材を捏ねて小麦粉の皮で包み、煮たり焼いたり揚げて食べる。
(2)餃子に良く似た韓国の伝統料理で、日本でも大手スーパーなどで気軽に購入できる事から若者だけでなく主婦などからも支持をされている。
「マンドゥ」は餃子に良く似た韓国の伝統料理であり、気軽に食べられる大衆料理でもあります。朝鮮料理や朝鮮団子とも形容され、朝鮮半島ではお馴染みの国民食になっています。その点でも日本の餃子と同様に元々は中国餃子や中東などがルーツとされ、それを独自にアレンジして完成したのが「マンドゥ」です。基本的な材料はメインである豚挽肉にキムチ・大根・ニラ・豆腐・春雨などが具材となり、お店や家庭料理では状況に応じて好きなように中身を変える事も多いです。ですから、若い女性達にはたっぷりのチーズと一緒に食べるのが流行っています。餃子との違いとしては、「マンドゥ」の皮の方が厚くサイズも大きく、餃子は醤油や酢醤油が一般的ですが「マンドゥ」は韓国風タレを付けて食べます。また、春雨や豆腐は餃子には入っていないので食感も違ってきます。この辺りが日本の若者には新感覚として受け入れられ、SNSなどには関連画像も多く、ブームに目を付けた企業がスーパーなどで販売をするほど急速に広まっていきました。

マンドゥの由来

「マンドゥ」は漢字表記「饅頭」、日本語読み「まんず」で、10世紀にモンゴルから伝わったという説と中東から中国を通じて入ったという説があります。肉と野菜をミンチ状にして小麦粉などの皮で包む料理は世界各国に溢れているので、明確な歴史は残念ながら判明ができないようです。

マンドゥの文章・例文

例文1.彼女と新大久保にマンドゥを食べにいった。
例文2.マンドゥの冷凍食品を初めて食べたが、自分好みの味で正直餃子よりも気に入った。
例文3.夫婦喧嘩をしてもマンドゥを食べれば仲直りができる。
例文4.マンドゥディアオもマンドゥを一口食べれば名曲を作れるようになる。
例文5.意外にさっぱりしているのでマンドゥは何個でも食べられる。
韓国料理「マンドゥ」を使った例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

マンドゥの会話例

  • 質問者アイコン

    おっ、今日は餃子かー。美味しそうだ。

  • 回答者アイコン

    餃子じゃなくて、マンドゥよ。

  • 質問者アイコン

    マンドゥって、韓国料理だよね? ところで手作り? 今日は気合が入っているね。

  • 回答者アイコン

    手作りなんてするか。冷凍だから問題無し。早く食べよう。

仕事終わりに帰宅したら夕食が「マンドゥ」という内容です。

マンドゥの類義語

「マンドゥ」の類義語には、同じく人気の韓国料理として激辛フライドチキン「ヤンニョムチキン」、チーズと鶏肉を使った「チーズタッカルビ」などの言葉が挙げられます。

マンドゥまとめ

「マンドゥ」は日本でも大人気の見た目が餃子に限りなく近い韓国の伝統料理です。中東やモンゴルから伝わったとされ、豚肉やキムチや大根といった具材を小麦粉の皮で包み、煮たり焼いたりして食べる点も餃子と良く似ています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事