マインドコントロール(Mind control)

「マインドコントロール」とは「自分や相手の感情を制御する事で、特に相手を支配し好きなように操れる状態にする事」です。カルト宗教やマルチ商法が事件化すると、ニュースなどで「マインドコントロールの危険性」が大きく取り上げられるので、恐怖を覚える人も多いでしょう。しかし、普通に暮らしている我々も大なり小なり「マインドコントロール」をされているのも事実なのです。例えばニュース報道は漠然と鵜呑みにするので、逮捕された犯人は犯罪をしたと思い込みます。もしかしたら無罪や冤罪なのかも知れませんが、捕まり報道されれば真実よりも報道が事実と世の中は認識するので、これも一種の「マインドコントロール」です。

[adstext]
[ads]

マインドコントロールの意味とは

「マインドコントロール」の意味は以下の通りとなります。
 (1)心理学用語で自分の感情を制御する事、又は他人を自分の思い通りに操る事。
 (2)直訳した「心の制御」から「洗脳」と解釈され、カルト的な宗教団体が信者や入信希望者の精神を直接崩壊させたり、或いは間接的に誘導するなど様々なテクニックで心や行動を支配する事。
「マインドコントロール」は英語表記「mind control」、又は「psychological manipulation」(心理操作)となり、簡単に言えば「心の制御」「精神のコントロール」となります。例えば、短気な性格を直そうと自分自身を我慢するよう自制したり、散財癖を直そうと貯金するように心がけるのも「マインドコントロール」でこれは全く問題ありませんが、一部というかかなりの割合の人達にとっては「マインドコントロール」とは非常にネガティブな意味合いが持たれています。その理由はひと昔前のオウム真理教による数々の凶悪事件も「マインドコントロール」された信者が起こしたものですし、現在でも北朝鮮やロシアの軍事政権などは兵士や国民を「マインドコントロール」や「プロパガンダ」し、その異常さが民主主義側からすると不気味でしかないからです。そんな事から自分自身を改善させようと良い意味合いで「マインドコントロール」ともなりますが、大抵では詐欺や犯罪集団にマルチ商法やネズミ講、カルト宗教や独裁国家などの権力者やコントロール側が自分達の都合で子分・部下・信者・国民などを意のままに操るのが「マインドコントロール」です。その方法は実に巧みで、虐待や暴力や拷問に薬物など明らかに身体に危害を加えるだけでなく、精神を崩壊させる為に恐怖を与えたり、さらには生まれた時から頭と心に「プロパガンダ」を刷り込ませたり、或いは暴力などは無縁で情報や印象操作で自発的に誘い込むなどいくつもの巧みな方法を駆使します。厳密には暴力的な行為は現在は「洗脳」に分類され、「マインドコントロール」に含めないケースが増えています。ですから、一度狙われると「マインドコントロール」から逃れるのは極めて難しいです。しかし、その一方でカルト宗教や犯罪に軍事政権とは関係がない普通の一般人も実は知らずと世間から「マインドコントロール」がされていて、周囲の同調圧力には自然と従う、職場の慣習に逆らえない、スマホはiPhoneでないと恥ずかしい、ネット情報は正義や事実と鵜呑みにするなどの現代人も実は社会システムに制御や誘導されている事に気付かず、己の意志による決定と錯覚しています。

マインドコントロールの由来

「マインドコントロール」の歴史は中国共産党が1940年代に不満を持つ人々に行っていた洗脳が始まりとされ、賛同しないと無理やり収容施設に連れてかれ思想改造がされました。その内容がアメリカ精神科医・ロバート・J・リフトン氏が著書「思想改造の心理 中国における洗脳の研究」として1961年に発表し、「マインドコントロール」の始まりと今ではされています。

マインドコントロールの文章・例文

例文1.幸せな家庭で純粋無垢に育った子供ほど、小学校ではリーダーとなってクラスメイトをマインドコントロールして集団で弱い者いじめをするのだから実に恐ろしい。
例文2.総理が内閣官房をマインドコントロールしているのか、それとも内閣官房が総理をマインドコントロールしているのか知らないが、いい加減に忖度政治はやめてもらいたい。
例文3.妻にマインドコントロールされたのか、気が付けばマイホームを購入し生命保険にもサインをして、そして妻の友人達も同居するようになって不穏で仕方がないがもうどうにもならない。
例文4.ロシア国民はプーチンにマインドコントロールされているが、トランプの熱烈支持者もなかなか危険で、相対する日本の鉄オタやアニメオタクも気持ち悪さではいい勝負だ。
例文5.誰がどう見てもマインドコントロールされているのに、貯金は全額寄付しただけと言い張る知人は目がとてもキラキラしているので、これならカルト教団でも立派にやっていけると背中を押してやる事にした。
宗教や政府で「マインドコントロール」を使った例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

マインドコントロールの会話例

  • 質問者アイコン

    今日も帰りが遅くなったなー。

  • 回答者アイコン

    本当にこんな遅くまで仕事で大変ね。それもサービス残業で。

  • 質問者アイコン

    まあ、もう慣れたよ。マインドコントロールされているようなもので誰も残業代を要求しないんだから、俺だけ主張してもおかしな奴だと思われるだろ。

  • 回答者アイコン

    とことん最悪なブラック企業ね。

ブラック企業に勤める夫とその妻の会話です。

マインドコントロールの類義語

「マインドコントロール」の類義語には、「セルフコントロール」「思想改造」「人格支配」「精神支配」「妄信」などの言葉が挙げられます。

マインドコントロールの対義語

「マインドコントロール」の対義語には、「正気」「我に返る」「感化」などの言葉が挙げられます。

マインドコントロールまとめ

「マインドコントロール」は自分や相手の感情を制御する事で、一般的にはカルト宗教やテロ組織やマルチ商法などで使用されます。教団に従う熱心な信者、犯罪行為を肯定する仲間、マルチで商品を売りさばく販売員は運営側には大変都合が良く、その為には心を支配する必要があるので、精神面を攻撃や誘導に洗脳、或いは直接的な暴力や拷問なども駆使して「マインドコントロール」された者を生み出します。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事