マイナーな層

マイナー(minor)

世の中には有名でなければ、もちろんそうでないものも存在しています。有名なものに足しては「メジャー(Major)」、有名でないものや知名度の低いものに対しては「マイナー(minor)」という呼び方をします。メジャーなものというのはそもそも有名なものなので改めて説明の必要はないのでしょうが、ではマイナーなものというのは、どのくらい知名度が低いとオス呼ばれるのか、簡単に解説をしていきたいと思います。

マイナーの意味

マイナーの意味自体は、上記でも少し触れましたが、「知名度が低いこと」「規模や重要性が低いこと」などの作品や人物と言ったものに対して使われる言葉になります。関連した言葉を挙げるなら、「マイナー・リーグ」というものがありますね。他にも「マイナースポーツ」と呼ばれるような競技があったりします。どのくらいならマイナーという定義は難しいですが、一般的に人が興味を持たないことや、そこから派生した競技に対して使われますね。

マイナーの由来

マイナーという言葉は、そもそもラテン語で小さいや少ないを意味する「ミノール」という言葉からきています。

マイナーの文章・例文

例文1.私はメジャーリーグよりも、マイナーリーグの方が興味がある
例文2.マイナーな競技の方が可能性を感じる
例文3.マイナーなスポーツをメジャーにしようとしている人はすごいと思う
例文4.今はマイナーでもいつかメジャーになってやる
例文5.周りからはマイナーと言われているけど、全く気にしない
マイナーなことをメジャーにしようと活動している人も多くいるので、以外にポジティブに捉えている人が多いようです。

マイナーの会話例

  • 質問者アイコン

    今はマイナーな競技なんだけど、いつかはオリンピック種目になるくらいのメジャー競技にしたいんだ!

  • 回答者アイコン

    初めて聞いた競技だけど面白いね!
    絶対いけると思うよ!

  • 質問者アイコン

    ありがとう!よかったら一緒にやってみない?

  • 回答者アイコン

    じゃあチャレンジしてみようかな。

競技に対して使われることも多いですが、マイナーだからこその面白さといったりしたものもあると思います。

マイナーの類義語

マイナーと似通った意味やニュアンスの言葉は、「マニアック」「サブカルチャー」「目立たない」「日陰の」といった少しネガティブな印象の言葉も合わせると意外に多いです。

マイナーまとめ

どのようなものでも最初からメジャーだったものというのはないはずです。はじめはマイナーなところから、誰かが普及させて広めていって、時間をかけてメジャーになっていくものです。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事