マイナンバー制度(割り振られる個人番号)

マイナンバー制度(まいなんばーせいど)

皆さんマイナンバー制度をご存じですか。総務省のホームページによると「マイナンバー制度は、行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平・公正な社会を実現する社会基盤です」と説明されていますが、今回はこの「マイナンバー制度」について詳しく解説していきます。

マイナンバー制度の意味とは

マイナンバー制度とは「マイナンバー(個人番号)」を用いた政策です。
具体的には、次の3つを目的としています。
1.国民の利便性の向上
 行政手続きに要する国民の負担や労力の軽減
2.行政の効率化
 行政機関や地方公共団体などで、個人の情報の紹介に要している時間や労力の短縮
3.公平公正な社会の実現
 所得や行政サービスなどの受給状況を把握し、負担を不当に免れることや不正受給の防止

マイナンバー制度の由来

マイナンバーは、平成27年10月以降、住民票を有するすべての人に通知されています。
マイナンバーは番号が漏洩し、不正に使われる恐れがある場合を除き、変更されることはありません。(変更出来ません)

マイナンバー制度の文章・例文

例文1.マイナンバー制度によって、本当に困っている人に正しい支援が可能になる
例文2.マインバー制度には、マイナンバーが必須です
例文3.マイナンバー制度に期待している
例文4.マイナンバー制度によって手続きが簡単になった
例文5.マイナンバー制度が導入されてから年度末に時間的余裕が出来た
マイナンバー制度によって今まで、不正に行政サービスを受けることを防ぎ本当に困っている人に支援が行き渡ることを期待したいですね。昨今の新型コロナウィルスの政府の補助金などの支援も正しい人に正しく支給されるようになるのです。

マイナンバー制度の会話例

  • 質問者アイコン

    マイナンバーカードの手続きをしてきたんだけど、何に使えるの?

  • 回答者アイコン

    マイナンバー制度っていうものがあって、所得などの個人情報を把握・管理するために使われるんだよ

  • 質問者アイコン

    そうなんだ。今までと何か変わるの?

  • 回答者アイコン

    行政手続きがスムーズになったりしてたくさん便利になることがあるのよ。マイナンバーはあなただけの番号で一生変わらないから大切にするのよ。

マイナンバーカードには、専用のケースが用意されていて番号が漏洩しないように対策されています。番号が漏洩すると不正に利用される恐れがあるため、大切に保管・管理しましょう。

マイナンバー制度の類義語

マイナンバー制度の類義語には、「共通番号制度」「社会保障・税番号制度」などがあります。

マイナンバー制度まとめ

マイナンバー制度は、今世間を騒がしている新型コロナウィルスなどの世界的危機の時にも非常に役立つ制度となっているんですね。個人の情報をしっかりと管理し、不正受給などを防ぎ、必要な人に必要な支援をすることが今のような状況では大切なことです。また、番号は一生変わることがないことなど知らない人も多かったのではないでしょうか。近年では、キャッシュレス化が進み、マイナンバーを利用した、「マイナポイント(マイナンバーポイント)」の導入なども決まっています。あなただけの番号ですから大切に扱いましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事