マイクロD2Cでビジネス展開を考える

マイクロD2C(micro Direct to Consumer)

マイクロD2Cとは、マイクロブランドによる消費者への製品の直接販売のことを指しています。また、マイクロブランドは高品質の商品を数百個単位で生産し、低価格で提供する小規模企業ことや個人を指しています。流通の変化やプラットフォームの進化によって、「マイクロD2C」が今非常に注目を集めています。今回は「マイクロD2C」について、意味や由来、例文や類義語などを交えて、わかりやすく解説をしていきます。

[adstext]
[ads]

マイクロD2Cの意味とは

マイクロD2Cは、マイクロブランドによる消費者への製品の直接販売のことです。
今まではある程度、資本がある企業がD2Cビジネスや「BtoC」「BtoB」での販売をしてきていましたが、ECのビジネスのプラットフォームが確立してきた事で個人でも「D2C」ビジネスをする事が出来るようになりました。ターゲットの属性は大手に比べると非常に狭いものになりますし、大量生産・大量生産のビジネスモデルの対極で、商品にストーリーをつけたり、より深い嗜好性にマッチするなどので付加価値をつけて販売をしていくことになります。

マイクロD2Cの由来

マイクロD2Cの元々の「D2C」は「Direct to Consumer」の略であり、自社の製品を中間流通を介さずに消費者に直接販売することです。それにマイクロという言葉を合わせて使われるようになりました。

マイクロD2Cの文章・例文

例文1.誰でもD2Cブランドを立ち上げることができるプラットフォームが増えたことによりマイクロD2Cが注目を浴びている。
例文2.日本の技術ある職人が作り出すものをD2Cで販売すること新たな利益を生み出す。
例文3.ターゲットを絞ってマイクロD2C製品を販売したが、デザイン性がよく多くの人に買われるようになった。
例文4.マイクロD2Cにとどまらず、大手アパレルメーカーとコラボして商品を販売する。
例文5.D2Cプラットフォームの発展により、日本の製造工場が再び活躍をしている。
マイクロD2Cはこのように使われることがあります。皆さんもD2Cブランドから商品を買うことが増えたのではないのでしょうか。マイクロD2Cという言葉も耳にすることがあるかもしれません。是非例文とともに覚えていくとよいでしょう。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

マイクロD2Cの会話例

  • 質問者アイコン

    日本はモノづくりという分野において技術がある、いわゆる職人と呼ばれる人が多いよね。

  • 回答者アイコン

    そうだね。最近はそういった人が高品質な製品をインターネットでの販売を行うマイクロD2C見かけるよね。

  • 質問者アイコン

    そうなのかい?それは知らなかったよ。D2C自体は知っていたけど。

  • 回答者アイコン

    だから日本の職人さんが作り出す商品に注目されているんだ。

マイクロD2Cは、大手メーカーが行う大量生産、販売とは反対の戦略ですが、今とても注目されています。

マイクロD2Cの類義語

マイクロD2Cの類義語には、「BtoB(Business to Business)」「BtoC(Business to Consumer)」「BtoE(Business to Employee)」「CtoC(Consumer to Consumer)」などがあります。

マイクロD2Cまとめ

今日は、インフルエンサーを起用して商品を販売するといったことも多く目にするようになったのではないでしょうか。InstagramSNSで好きな人がいればその人が出している商品を買いたいと思う人多くいることでしょう。人物のストーリー性やキャラクターを押し出して商品を販売することもあると思います。そんなときにマイクロD2Cという言葉を耳にすることがあるかもしれません。そのとき、意味を知らず話についていけないことがないように意味をしっておけるといいですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事