ポリフェノール(Polyphenol)

「ポリフェノール」とは、植物が光合成を行うことによってできた苦みや渋み、色素の成分です。コンビニやスーパーに行けば身近にあるチョコレート、コーヒー、赤ワインなど多くの食品に含まれることから、見たり聞いたりする機会もよくあると思います。今回は健康面でも注目されている「ポリフェノール」について解説させて頂きます。

[adstext]
[ads]

ポリフェノールの意味とは

すべての植物に含まれる、光合成を行うときに生成される苦みや渋み、色素の成分のことを「ポリフェノール」と言います。赤いバラや黄色いタンポポといった花の色もポリフェノールによるものです。血中のコレステロールを抑制する作用があり、動脈硬化の予防や、老化防止、美容や抗アレルギーなどの効果もあることで、とても注目されています。

ポリフェノールの由来

20世紀ごろに、多く食べるとあまり体に良くないとされる動物性の食べ物を多く食べているフランス人が、心筋梗塞や動脈硬化になる人が少ないということに注目され研究をされるようになりました。その結果として、フランス人が常によく飲んでいる赤ワインの中にはポリフェノールが大量に含まれ、健康面でも効果があると判明し多く使われるようになったことが由来となっています。

ポリフェノールの文章・例文

例文1.ポリフェノールには生活習慣病の予防が期待できる。
例文2.ポリフェノールが多く含まれる緑茶を飲む。
例文3.あの花の鮮やかな色はポリフェノールによる色素だ。
例文4.ポリフェノールは美容にも効果的で女性にも多く愛されている。
例文5.赤ワインやコーヒーだけでなく、大豆にもポリフェノールは含まれている。
「ポリフェノール」の例文です。チョコレートや大豆以外にも、ポリフェノールを含まれる食品は多くあります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ポリフェノールの会話例

  • 質問者アイコン

    最近は健康のためにコーヒーを飲む習慣をつけているんだよね。

  • 回答者アイコン

    そうなんだ。ポリフェノールってよく聞くけど、実際どんな効果があるの?

  • 質問者アイコン

    血中コレステロールを低下させるし、動脈硬化の予防にもなるし、美容にもいいんだよ。コーヒー以外にもお茶や赤ワインにもあるから、気軽に摂取できてオススメだよ。

  • 回答者アイコン

    そうなんだね、美容の効果があるなら私もポリフェノール摂るようにしてみるね。

「ポリフェノール」についての会話例です。ポリフェノールには様々な効果が期待されていますね。

ポリフェノールの類義語

類義語はないのですが、関連するワードとして「抗酸化作用」などがあります。

ポリフェノールまとめ

よくコンビニやスーパーで飲み物やチョコレートなどのお菓子を見ていると、ポリフェノールという言葉を見かけることも多いと思います。その効果は様々で、血中コレステロールを低下させる作用があったり、老化の予防や美容への効果であったり、動脈硬化の予防などといった健康面においても数々の効果を期待されています。コーヒーや、カカオの多く含まれるチョコレート、また普段の食生活で摂取する大豆などにも含まれているので、ぜひ健康のためにも意識して摂取してみるのも良いと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事