ポジティブフォーカスのマインド

ポジティブフォーカス

ポジティブフォーカスは、子供の教育現場などで頻繁に使われていた言葉ですが、最近はポジティブ思考という意味合いから、より幅広く使われるようになりました。その背景には、子供から大人までネガティブ思考が蔓延し、それではいけないという反対の考えが芽生え始めたからでしょう。ネガティブとポジティブをバランスよく付き合えられる人は少なく、また嫌な事が続けば自然とネガティブ思考に陥りますが、そこでポジティブな考えに切り替える事が状況を打破すると信じられています。

ポジティブフォーカスの意味とは

ポジティブ思考(シンキング)と殆ど同じ意味が、ポジティブフォーカスになります。元々は、幼児や子供への教育現場で広く知れ渡り、使用されていた言葉ですが、最近はネガティブ思考への反対語として大人も積極的に使用する傾向です。フォーカスには直訳すると焦点や集中などの意味があり、またビジネス用語として仕事方法や戦略という使い方がされます。そこから、本来のポジティブフォーカスという意味合いと、ビジネス用語のフォーカス的な意味合いを絡めた言葉としての両方で使われる傾向になっています。
単純にポジティブ思考とするより、ポジティブフォーカスの方がニュアンス的にも受け入れやすい面もあるでしょうが、精神面でも仕事面でも良い意味で前向きや集中する事で、ネガティブをポジティブに思考転換するのです。
煽り運転が社会的な問題になっていますが、運転中にイライラしそうになったら無理やり笑顔になり、力を抜くようにする行動も事故防止の観点からはポジティブフォーカスとなります。
子供教育の現場では、問題ある児童にポジティブフォーカスを推し進めるとその内面から変化が確認されます。具体的には、不登校や友人関係を築くのが難しい子でも、教師や両親がポジティブな気持ちになるよう導くとネガティブな方向に走らず、成長と共に健全な状態に自然と戻れるようになります。

ポジティブフォーカスの由来

ポジティブフォーカスを積極思考まで飛躍させると、その歴史はとても古く1877年にまで遡れます。近代神智学を創唱したヘレナ・P・ブラヴァツキー氏の著書「ヴェールを剥がれたイシス」で初めて触れられ、その後はキリスト教牧師や心理療法家などジャンルを超えた著名人によって積極思考やポジティブ論について主張が展開され現在に至ります。
ポジティブフォーカスだけになると、発案者のロバート・C・ホーリー氏が幼児や子供教育で「能力ある面などを積極的に発見する努力をして、その意味付けをする」と定義しています。

ポジティブフォーカスの文章・例文

例文1.ポジティブフォーカスで精神をリラックスさせる
例文2.子供にはポジティブフォーカスが効果的だ
例文3.イライラ解消でもポジティブフォーカスを取り入れるべき
例文4.ポジティブフォーカスは積極的な行動や前向きな精神という意味も正しい
例文5.ポジティブフォーカスが創造を加速させる
前向きを意味するポジティブという言葉が如何様にも利用できるので、同類のポジティブフォーカスも当初より飛躍した言葉として使われています。今後はさらに使われると想定できるので、その雰囲気や使い方を知っておくと便利です。

ポジティブフォーカスの類義語

ポジティブフォーカスの類義語には、「意欲」「アクティブ」「上昇」などの言葉が挙げられます。

ポジティブフォーカスまとめ

精神的な意味合いが強いポジティブやネガティブですが、それが今では教育現場やビジネスシーン、それ以外でもポジティブフォーカスとして浸透しています。クリエイティブな現場ほど横文字が溢れているので、そこでポジティブフォーカスは精神面をネガティブから切り替えるより、仕事を楽しみ創造性を発揮させる便利な言葉として重宝されています。それ以外では、ネガティブやポジティブと使うより、ポジティブフォーカスの方が重さがなくより親しみがあると捉えられています。

この記事を読んでいる人に人気の記事