ボランティアに励む人たち

ボランティア(volunteer)

慈善という意味を持つチャリティーという言葉がありますが、これと同じように無償で社会活動へ参加したり、奉仕の活動をすることを表した言葉になります。
チャリティーという言葉に比べ、自主、自発性に重きが置かれている場合、この言葉が当てはまるものとなります。今回はそんなボランティアという言葉について、解説をしたいと思います。

[adstext]
[ads]

ボランティアの意味

ボランティアという言葉の意味は自主性を重んじる形でお金を求めず、社会に貢献するような活動に参加したり、奉仕の行いをすることです。ただ、国によってこの意味や由来は少しづつ違うとされています。
金銭の教授なく社会に役立つ行いをすることから、逆にこれ以上の贅沢はないと考える人もいる言葉になっています。

ボランティアの由来

ボランティアの語源は「自由の意志」を指し示す「ボランタス(Voluntas)」というラテン語が元になっています。これがフランス語になると「ボランティ(Volunte)」喜びの精神という意味を持つものへと変化していき、英語でボランティアとなり「志願兵」転じて「自主的な社会参加行動」を表す言葉となりました。

ボランティアの文章・例文

例文1.暇すぎるからボランティア活動をしよう。
例文2.ボランティア活動を通して、新しい友達ができた。
例文3.お金持ちの彼はボランティアが大好きだ。
例文4.ボランティアによって心が落ち着くという人も世の中にはいる。
例文5.昔はボランティアなんてと思っていたが、いざ自分が大変な目に遭うとそのありがたさが身に染みた。

やらない偽善よりやる偽善。ボランティアはお互いに沢山のものを得られる活動です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ボランティアの会話例

  • 質問者アイコン

    この間、つい最近災害にあった地域への募金箱がコンビニに置いてあったので、ボランティア活動できない分募金してきました。

  • 回答者アイコン

    佐藤さん優しいですねえ。別に募金だって立派なボランティアですよ。

  • 質問者アイコン

    あれ?そういえば鈴木さんの出身地って、

  • 回答者アイコン

    そうです!その災害にあった地域の出身なので、今ものすごく感動していますよ。

こんな偶然があるにしろないにしろ、ボランティアや募金は誰かの喜びに繋がる行為です。

ボランティアの類義語

ボランティアの類義語としては、「チャリティー(charity)」や「募金(ぼきん)」といった言葉が挙げられます。

ボランティアまとめ

災害に遭ってしまった地域へのボランティアは当然必要なものでありますが、ボランティアとはいわば自主的な意思と行動によるもの。
ボランティアを募集している中には、もしかしたらただお金を払いたくないがためにボランティアという形で人員を募集しているところもあるかもしれません。
そういった点を踏まえて、ボランティア活動に積極的な方は本当にボランティアすべきところはどこか、ワンクッション熟考を挟んで選んでいくのも悪くはないかもしれませんよ。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事