ボトルネックの解決策を考える

ボトルネック

新しいオフィスに転職したとき「ボトルネックに気を付けてね」と上司にアドバイスされ、ぽかんとした事はありませんか。今回の大きなテーマ・ボトルネックはIT系の企業を中心に、最先端のオフィスで使われ始めているニューワードです。ボトルネックとは一体どのような意味があるのか、一緒にレッスンしていきましょう。

ボトルネックの意味とは

ボトルネック【Bottleneck】は直訳すると、入れ物のきゅっと閉まった首…になります。つまりボトルネックとは、ビジネスに悪影響を与えてしまう小さな問題・課題ということ。スムーズに進行しているビジネスに待ったをかける、嫌な天敵ということになります。
またIT業界ではシステム処理が遅れてしまう、小さなミス・原因のことを指すこともあります。どちらにしても仕事人にとっては出来れば避けておきたい、ビジネスの敵なのです。

ボトルネックの由来

英語のボトルネックには、交通渋滞や障害という意味もあります。ここから膨らみ、日本のビジネス界で定着していったのがボトルネックの習わしです。飲み物を入れるボトルがどんなに保温性に優れていても、肝心の口がつまっていては美味しいティーを楽しむことはできません。ボトルネックは「つまりの原因」に気づかせてくれる、ビジネスの解決策です。

ボトルネックの文章・例文

例文1.生産現場を見たところ、数多くのボトルネックがあることが分かった
例文2.ビジネスの非効率になるのがボトルネックです
例文3.来月あたままでに、社内のボトルネックについて見解をまとめておいてください
例文4.ボトルネックを洗い出してみたところ、経費の節約が実現した
例文5.ボトルネックが発生して、システムエラーが起こっています
ビジネスがうまくいかないとき、それを妨げているのは些細なボトルネックです。ボトルネックに真っ向から取り組むことで、会社の可視化がすすみ作業効率がアップすることもあります。

ボトルネックの類義語

ビジネスの流れをストップさせるボトルネック。類義語には「遅延原因」「ネック」「障害物」などがあります。ボトルネックの正体を突き止めることで、円滑なビジネスがリスタートできます。

ボトルネックまとめ

ボトルネックは作業を遅くしている原因・非効率的なモノという意味があります。当たり前のようにこなしている作業ひとつ取ってみても、改めて見直しを進めることで「しなくてもよいもの」に仕分けできることもあります。
ボトルネックについて考えることは、すなわち仕事をラクに・やりやすくすることに繋がっていきます。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事