ペルソナ

勉強をするにも、スポーツをするにも、何をするにも目標がないと人は頑張れません。では、マーケティングにおける目標は何でしょうか。
それは、お客さんになってくれる人をより多く集め、より多く買ってもらう事です。では、多くの商品は万人に受けるように作られているのでしょうか?
数十年前でしたら対マスに向けたマーケティングも通用したでしょうが、現在は違います。今回はマーケティングを行う上で有用な「ペルソナ」という言葉についてみていきましょう。

ペルソナの意味とは

ペルソナとは、マーケティングを行う上で設定する具体的なユーザー像の事を指します。年齢、性別、居住所はもちろんのこと、家族構成や年収、仕事内容など基本的にはターゲットを1人に絞ることが大切です。特にWEBマーケティングにおいては、同じような商品、より低価格の商品などありとあらゆる情報があふれかえっています。そんな中で自社の商品に興味を持ってもらうには極限までターゲットを絞って「あなたに言っているんですよ」と気づかせることが欠かせません。

ペルソナの由来

1999年にアラン・クーパーによってソフトウェア開発手法として開発されたのが起点となったが、その後Microsoftのジョン・S・プルーイットによってマーケティングに展開されたところから広まりました。元来は、古典劇において役者使った「仮面」を指している言葉でしたが、哲学者のユングによって「人間の外的側面」の概念をペルソナと定義づけられ、マーケティングにおいては自社の商品の主要な顧客を指す概念として浸透しました。

ペルソナの文章・例文

例文1.ペルソナを設定して、詳細なマーケティング活動を行った事で成果につながった
例文2.ペルソナを設定にするにあたって、どんなユーザー増をイメージするかは非常に重要なため、事前に十分な調査をしておく必要がある
例文3.ペルソナさえはっきりしてしまえば、後は対象に向けてどのように商品を届けるのが良いかを考えるだけでよい
例文4.企業のマーケティング活動をする上で最も大切なのはペルソナをハッキリさせることだ
例文5.ペルソナマーケティングを導入したことで、自社の商品を届けたいターゲット層が明確になり、議論が鋭くなった
誰に商品を届けるかを間違えてPRをしても何も意味がありません。ターゲットによってはTVが良い場合もあるだろうし、インターネットでサイトを作らなければ話にならない事もあるだろうし、全てはターゲットとする対象に合わせる事が必要です。

ペルソナの類義語

ペルソナマーケティングと似たような言葉でターゲットマーケティングというものがあります。ただし、ここでいうターゲットとは、20~30代の男性で都内に住んで住んでいる人のようなペルソナに比べるとざっくりとしたものです。
広告の出稿の際などにはペルソナほど細かくは配信設定を出来ないので、おおまかなターゲット層に向けて配信をすることになります。

ペルソナまとめ

いかがでしたでしょうか?
WEBサイトの登場によってライバルが全国各地の企業に変わっている昨今において、ペルソナをキチンと決めずに自転車操業で走り続けるのはあまりにも無謀と言えます。現在はWEBサイトを使ったテストマーケティングも出来ますので、最初に大きく在庫を抱えて勝負をするのではなく、情報をキチンと収集して勝ち目のある戦いをすることが大切です。

この記事を読んでいる人に人気の記事