私はペシミストだ

ペシミスト(pessimist)

世の中には、とても楽天家で前向きな人が存在しています。目の前にどんなにマイナスの状況が訪れてもプラスに捉え、他者から見て楽しそう羨ましがられる傾向にあったりします。しかしその反面、何に対してもネガティブにものを捉えてしまうマイナス思考な人もいます。そうした関連語として、「ペシミスト(pessimist)」という言葉があります。このペシミストという言葉の意味に関して解説をしていきたいと思います。

ペシミストの意味

ペシミストとは、「悲観主義(ペシミズム)」な考え方の人のことを指します。元々は哲学の世界で使われる言葉で、この世の中は悪いことや悲惨なものに満ち溢れているという人生観を指したものです。何に関しても否定的な人や人間嫌いな人はペシミストの傾向が見られますね。反対に楽天主義のことを「オプティミズム」と呼びます。

ペシミストの由来

ペシミストはペシミズムな考え方の人を指していますが、そのペシミズムの語源はラテン語で「最悪」を意味する「pessimum」からきています。

ペシミストの文章・例文

例文1.僕はペシミストだ
例文2.ペシミズムな考え方の人をペシミストという
例文3.自分がペシミストなことに対しても否定的になってしまう
例文4.ペシミストは人間嫌いの傾向もある
例文5.何でもかんでも否定するのはペシミストの証拠だ
ペシミストに対してあまり良い印象がない方が多いかもしれませんが、人とは違ったものの見方ができる人たちという捉え方ができます。

ペシミストの会話例

  • 質問者アイコン

    あまり考えないようにしてるんだけど、実は結構人間嫌いなんだよね。

  • 回答者アイコン

    そうだったの?
    ペシミストだね。

  • 質問者アイコン

    何に対しても否定的というわけではないけど、ネガティブな思考にはなりやすいかな。

  • 回答者アイコン

    でもそれはそれで、ポジティブな人とは違う視点ができて良いね。

上述しましたが、ペシミスト=ネガティブ=悪いというわけではなく、違った視点ができる人という印象で捉えられるのが正しいですね。

ペシミストの類義語

ペシミストに近い意味の言葉としては、「ネガティブ」や「悲壮感」や「否定的」といったような言葉が挙げられます。

ペシミストまとめ

哲学で用いられるような言葉なので、普段の会話の中で用いられることはあまりないかもしれませんが、身の回りでそうした人はいるのではないかと思います。ペシミストに限ったことではありませんが、自分と違うと感じる人は違った考え方ができる人という風に捉えられると、人に対しての見方も変わってくると思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事