ペシミスティックが行き過ぎるとマイナスな事しかない

ペシミスティック(pessimistic)

ペシミスティックとは、人生に悲観的になって厭になっていることです。嫌なことや辛いことが立て続けに起きれば、生きるのが嫌になってしまうこともあると思います。辛い日々が続き、普段の生活で精一杯なってしまうと悲観的になってしまうものです。そんなときに、ペシミスティックという言葉を使うことができます。今回は、そんなペシミスティックについて意味、類義語などを交えつつ、説明していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

ペシミスティックの意味とは

ペシミスティックの意味は、人生に悲観的になって厭になっていることです。生きていて何事に対してもネガティブに捉えてしまうとしたらそれはペシミスティックと言えます。そんな状態を表すにはもってこいの言葉なので覚えておくといいと思います。

ペシミスティックの由来

ペシミスティックは、英単語で綴ると「pessimistic」です。 英単語の「pessimistic」には悲観主義や厭世主義という意味があるため、日本でも同じ意味で使われるようになったと考えることができます。

ペシミスティックの文章・例文

例文1.君はペシミスティックになっているからいつまでたっても良い結果を残せないんだよ。
例文2.ペシミスティックになっているとせっかくのチャンスもものにできないよ。
例文3.ペシミスティックであるよりも、ポジティブに前向きな姿勢で物事に取り組んだほうが上達も早くなるに違いないよ。
例文4.彼は辛いことがあるとペシミスティックになって自暴自棄になってしまうことが多々ある。
例文5.ペシミスティックになってしまったときは、気分転換するとよい。
これらからペシミスティックという言葉は、人生に悲観的になっている様子を表すのには最適です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ペシミスティックの会話例

  • 質問者アイコン

    君はいつも物事を悪いように考えすぎだと思うよ。もっとポジティブになったらどうだい。

  • 回答者アイコン

    前向きに考えようと思っても常に最悪の事態のことを想像してしまうんだよ。

  • 質問者アイコン

    そうなのかい。でもペシミスティックでいたら楽しいことも楽しめなくなってしまうよ。

  • 回答者アイコン

    そうだと思うよ。これからはもっと楽観的になれるように前向きに物事を考えていこうと思うよ。

これは、ペシミスティックな人にポジティブになるように話している様子です。

ペシミスティックの類義語

ペシミスティックの類義語には、「悲観的」「厭世的」「ペシミズム」などがあります。

ペシミスティックまとめ

人生に悲観的であると、何事にもうまく運ばなくなってしまいます。確かに辛いことや苦しいことがあれば落ち込むこともあると思います。しかし、ずっと落ち込んでいてはなにも始まらないものです。心機一転し、前向きな心構えをすることによって楽しいことや幸せなことを満喫できるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事