ベネフィットは重要だ

ベネフィット(benefit)

「ベネフィット」を正しく理解している人はまだ少ないですが、最近は働き方改革や商品サービスなどの観点から注目を集めている言葉となります。正しくは、webマーケティング用語で、消費者が商品やサービスから得られる効果となります。そんな効果はあるの?と思ってしまいますが、果たしてどのような側面があり、なぜ最近注目を集めているのか解説となります。

ベネフィットの意味とは

「ベネフィット」の意味は以下の通りとなります。
 (1)製品やサービスを利用すると消費者が得られる価値・利益・恩恵。感情的な優越も含む。
 (2)時間短縮や作業経験など、商品やサービスを利用する事で得られるメリット。
 (3)マーケティング分野における、顧客や消費者が商品やサービスによって得る効果。
 (4)英語「benefit」の直訳が、恩恵・利益・慈善興業や、〜の為になる等。
上記の説明が「ベネフィット」になりますが、何となく意味は理解しても、なぜ今更改めて注目を集めるのか疑問が生じませんか? 要するに、製品を使う事のメリットとではないかと、勘繰ってしまいますよね。確かにその通りなのですが、「ベネフィット」にはもう少し深く掘り下げる側面があります。ですから、ある製品について、人によっては性能が良いとするなら、別の人はデザインが良い、また別の人は価格が手頃とそれぞれ違うものです。これらを一まとめにするのが「ベネフィット」です。これまではメリットとして、性能が良いだけが取り上げられてきましたが、デザインや価格帯など個人それぞれが感じ方が違う漠然としたものまで、意見として拾い上げ、より多様なそれぞれの良さが「ベネフィット」となります。

ベネフィットの由来

「ベネフィット」がマーケティング分野で注目をされるようになったのは、2000年代に入ってからです。それまで「ベネフィット」と聞くと、企業名かボランティアを想像するばかりでした。この頃から、ネット普及もあり、商品やサービスをどのようにお客に提供するかが企業としての重要事項だったのです。商品そのものの性能などの価値に加え、虚栄心を刺激するのも大事として、保有するのがお客にとっての「ベネフィット」であるという考えです。マーケティング分野の新しい理論として、2000年代から話題になり、近年再び話題になっているのが「ベネフィット」と捉えて問題ありません。

ベネフィットの文章・例文

例文1.マーケティングリサーチに所属したので、ベネフィットなど横文字の専門用語を覚える日々が続く。
例文2.ベネフィットは漠然としているので、企業は熱心だがお客側はあまり意識していないのも事実だ。
例文3.ベネフィットは一人ひとりによって違う幸せという感じである。
例文4.スマホを持つ事が高齢者にとってのベネフィットであるが、若者には当たり前なので新製品でもないかぎり、感情に訴えるのは難しい。
例文5.本来は違うが、ベネフィットが理解し辛いなら拡大解釈したメリットと捉えても問題はない。

「ベネフィット」の例文は少ないので、今回紹介したものも少しニュアンスがずれているかも知れませんが、本質としては問題ありません。

ベネフィットの会話例

  • 質問者アイコン

    学校でベネフィットについて習ったけど、全く理解できなかった…。僕って頭が悪いのかな?

  • 回答者アイコン

    ベネフィットって、ボランティアとか慈善活動の事じゃないの? ベネフィットコンサートとかでしょう?

  • 質問者アイコン

    それじゃないよ。経済活動やお客へのサービスとしての、ベネフィットだよ。その商品によって得られる価値や利点が、今日習ったベネフィットです。

  • 回答者アイコン

    何だ、きちんと理解しているんじゃないの。それなら大丈夫だよ。

学校で習った「ベネフィット」が理解できなかったと嘆く男性だが、女性にきちんと説明できるほど実は十分理解していた、というオチです。

ベネフィットの類義語

「ベネフィット」の類義語には、「メリット」「美点」などの言葉が挙げられます。

ベネフィットまとめ

「ベネフィット」は最近マーケティング分野で何かと注目を集める言葉です。意味は漠然としていますが、要するに商品やサービスによって、それぞれのお客が多様に得られる効果や価値となります。新型テレビを購入する例でも、ある人は性能や価格、ある人はデザインや安定性、またある人は買い集めるのが趣味という場合もあり、従来の単なる性能をメリットとしてお店が客に勧めるのではなく、より現代らしく多様性がそれぞれあるという考えです。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事