人生のベテラン

ベテラン(veteran)

何かしらの技術を学ぶことや、新しい知識を取り入れるにあたって、効率的な手段というとどういうものがあるでしょうか。本読むことや、現代では動画サイトを見るというような手段もあるでしょう。それらとは別にベテランから学ぶというのも一つの手法ではないでしょうか。では、「ベテラン」とはそもそもどういうものを指すのか、その言葉の意味について解説していきたいと思います。

ベテランの意味

ベテランというのは、ある特定の領域や分野において、豊富な経験を持っている人や、優れた知識や技術を持っている人のことを指します。そしてさらに言うなれば、どれだけ優れている知識や技術を持っていても、ある日突然それを手にしたような人ではなく、それらを長く駆使して使いこなしているような人を指します。つまりは時間の経過も要因となるということになります。
ベテランという言葉を用いた例としては、「ベテランドライバー」であったり「ベテランエンジニア」といったような使い方となりますが、ベテランという言葉が付随できるような分野やジャンルが多岐にわたるため、幅広く使うことができる言葉になります。

ベテランの由来

言葉自体の由来を辿ると、ラテン語で「古い」を意味するところからきています。それが時代の変遷とともに「経験を持っている人」というニュアンスに変わっていきました。
また、退役軍人をベテランと呼ぶことがあります。

ベテランの文章・例文

例文1.彼はエンジニアとしてかなりのベテランだ
例文2.ドライバー歴30年というと、ベテランドライバーですね
例文3.新しく入社してきた人は、その道のベテランらしい
例文4.ベテランと呼ばれるようになるためには、まだまだ経験が必要だ
例文5.大ベテランの先輩に教えを乞う
日常生活の中でもよく使うような言葉になるので、正しく理解することが大切です。

ベテランの会話例

  • 質問者アイコン

    初めまして。今日からこちらの部署に配属になるので、よろしくお願いします。

  • 回答者アイコン

    こちらこそ、よろしくお願いします。
    大ベテランと聞いているので期待しています。

  • 質問者アイコン

    そんなことはありませんよ。

  • 回答者アイコン

    いえいえ、是非色々教えてください。

会話例のようなシーンもビジネスの世界においては日常的なものでしょう。

ベテランの類義語

ベテランの類義語としてあげられるのは、「プロフェッショナル」や「熟練者」といったような言葉になります。いずれも豊富な経験や技術や知識を持っている人という点で同じになりますね。

ベテランまとめ

ベテランという言葉について解説しました。日常的に使う言葉であるからこそ、その言葉の意味や用法を正しく理解して使ってみてください。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事