ベストプラクティス

オフィスの日常会話として最近よく耳にするのが、ベストプラクティスという言葉です。ベストプラクティスにはどのような意味があり、どういう風に使用していけば良いのでしょうか。正しい知識を身につけて、豊かなビジネスライフを目指していきましょう。

ベストプラクティスの意味とは

ベストプラクティスには「1番良いと思われる方法」「もっとも効率的な選択肢」という意味があります。どんな業種の仕事をおこなっていても、ときには「この判断で本当に合っているのか?間違ってはいないだろうか?」と不安になってしまうことがあります。そんな時にそっと背中を押してくれるのが、ベストプラクティスという言葉です。その時の立場や環境にあったベストワンの方法を見つけることで、短時間で良い結果を残すことができます。

ベストプラクティスの由来

ベストプラクティスは、同名の英語から生まれたビジネス用語です。アメリカの金融街で生まれたという一説もあり、困難と思われる課題に直面しても常に冷静で正しいジャッジをおこなうことが、もっとも有効な選択肢と考えられてきました。
ビジネス用語から発展し、IT用語のひとつとしても用いられることがあります。IT業界においてのベストプラクティスは、現時点でもっとも最良なものを意味していて、過去の古い概念にとらわれず常に新しいアイデアを持つことが重要だと説かれています。

ベストプラクティスの文章・例文

例文1.変化する時代においてベストプラクティスの発想をもつことは、とても重要な生き方です
例文2.昨日ランチミーティングをおこない、議題のベストプラクティスは何かについて考えました
例文3.他社のサービスと比較しても、弊社のアイデアがベストプラクティスだと自負しております
例文4.現状に満足するのではなく、いつもベストプラクティスを求める姿勢が重要になります
例文5.今までの会社員時代を思い起こしてみると、常にベストプラクティスとの格闘でした
短期間で成果を発揮するためには、ベストプラクティスを発掘していく姿勢が求められます。

ベストプラクティスの類義語

ベストプラクティスの類義語として「成功のセオリー」「勝利の秘策」「1番良い方法」「戦略」といった言葉があります。どれも数多くの道の中からベストワンを選び取るときに使われる、ポジティブな意味合いがあります。マイナスの意味で使われる否定的な言葉は、類義語として含まれないため注意しておきましょう。

ベストプラクティスまとめ

多くのデータやアイデアをまとめていると、アイデアがまとまらなくなり頭の中が乱雑になることがあります。そんな時に意識しておさえておきたいのが、ベストプラクティスに基づく考え方です。
ベストプラクティスの発想をもつことで、複数あるチョイスの中から最も良い方法を、瞬間的に選び取ることができます。こうした発想をもつためには、一度頭の中を整理して物事を理論的に考える力を養うことが求められます。
世界に活躍するビジネスマンになりたければ、まずはベストプラクティスの発想転換をおこなうことが重要になります。

この記事を読んでいる人に人気の記事