ヘルペスはしっかり治すべきだ

ヘルペス(Herpes)

ヘルペスは最も身近な皮膚病(性病)の一つで、口周りに水ぶくれができる「口唇ヘルペスが」有名です。感染理由はウイルスによるもので、くしゃみや咳などが原因とされます。比較的に簡単に治るので甘く見ている人も多いですが、何度も再発する可能性も高く、さらに女性の場合は口などに水ぶくれが多くあると、精神的なダメージに繋がりかねません。

ヘルペスの意味とは

ヘルペスウイルスによって、口周りや性器の皮膚や粘膜が水ぶくれとなる病気が「ヘルペス」です。ヘルペスには「単純疱疹」(たんじゅんほうしん)と「帯状疱疹」(たいじょうほうしん)があり、単純疱疹には一番多い「口唇ヘルペス」と「性器ヘルペス」があり、帯状疱疹はお腹や背中と広範囲に渡って水ぶくれとなります。
感染経路は口唇ヘルペスはクシャミや咳、性器ヘルペスは性行為やコンドーム未着用が主な原因とされます。口唇ヘルペスの多くは高齢者とされ、免疫力低下もヘルペス発症に大きく関係しています。
軽度の場合は、通院による投薬治療で完治が見込め、また点滴なども用いられる事もあります。仕事疲れやストレスが影響するので、これらを溜めこまないようにするのが予防に繋がります。一部のヘルペスウイルスには発がん性も確認され、軽く見ていると神経症となり後遺症が残るともされ、早めに専門家の診察をうけるのが最善の方法です。

ヘルペスの由来

諸説ありますが、紀元前から水ぶくれに苦しむ人々が多かったと報告されています。ギリシャ語の”はう”が由来とも言われています。ヘルペスウイルス自体は、1960年にイギリスの獣医学者がウシ科の動物「オグロヌー」から発見したのが世界初です。

ヘルペスの文章・例文

例文1.ヘルペスウイルスは約100種類存在する
例文2.風邪などの咳やくしゃみがヘルペス感染の原因である
例文3.ヘルペスは再発するのが恐ろしい
例文4.大半は軽症なのがヘルペスだが、甘くみてはならない
例文5.通院してヘルペスが完治した
ヘルペスは何度も水ぶくれとなり、精神的に病んでしまうのが実は最も危惧されています。若い年代はヘルペスになるのが少ないからこそ、口周りに水ぶくれが多いと、精神バランスを崩し、最悪はうつ状態になります。それを問題視する文献も多く、ネット上でも数多く見つけられます。

ヘルペスの会話例

  • 質問者アイコン

    今回はお薬を出しますので、しっかり飲んで治療をしていきましょう。

  • 回答者アイコン

    わかりました。薬飲み終わったらもう治療終了と考えていいですか?

  • 質問者アイコン

    ヘルペスを甘く考えてはダメですよ。
    薬が飲み終わった頃、もう一度診察に来て下さい。しっかり治療していきましょう。

  • 回答者アイコン

    わかりました、またそれでは1週間後に診察に来ます。

病院の医師と患者さんの会話例ですが、この様に少し良くなると薬を飲まなくなったり、病院にいかなくなる人が多い様ですが、しっかりと完治するまで治療を続けましょう。

ヘルペスの類義語

ヘルペスの類義語には、「口唇ヘルペス」「薬しん」「性器ヘルペス」などの言葉が挙げられます。

ヘルペスまとめ

症状が軽いのが多い事から甘く見られるのがヘルペスですが、発覚後は通院して治療を受けるべきです。他人にうつすケースは殆どないですが、妊婦や赤ちゃんには接触しないべきです。また、症状によっては体全体や再発、それに伴う精神的ダメージも危惧され、決して楽観視できる病気ではありません。
「ヘルペスウィルス感染症・厚生労働省」
厚生労働省がヘルペスに関しての詳しい記述があるので、確認してみて下さい。

この記事を読んでいる人に人気の記事