ヘッドハンティングしようとしている様子

ヘッドハンティング(headhunting)

優秀で人脈がある人ほど、経験する機会が多い言葉かもしれませんね。今所属している組織とは別の組織から、あなたをウチに引き入れたいといった意味の言動や、そのさまに対して用いられる言葉となっています。
今回はそんな「ヘッドハンティング」という言葉について、深く掘り下げていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

ヘッドハンティングの意味とは

「ヘッドハンティング」とは、ほとんどの場合ビジネスの場、特に転職においてや、ビジネス情報を取り上げる媒体などにおいて用いられる言葉であり、別の組織から自分が所属している組織へと能力が高い人を引き入れる言動や、そのさまを表した意味を指し示す言葉です。
英語で首狩りを意味する「headhunting」という言葉が由来となっています。そう捉えるとちょっと物騒ですよね。

ヘッドハンティングの由来

「ヘッドハンティング」の由来。この言葉が日本でも広く用いられるようになった最初のきっかけとなったものとしては、1984年に出た「十年後ビジネス編」というものの中にて、ヘッドハンティングという言葉を「他の会社の有能な人材を、高額の給与など、より有利な条件で引き抜くこと。」という意味のものとして取り上げられたことが始まりとなったのではないかと考えられます。

ヘッドハンティングの文章・例文

例文1.あの人をヘッドハンティングしたい。
例文2.ヘッドハンティングした彼はとても優秀で助かる。
例文3.ヘッドハンティングされた。給与は前の10倍になった。
例文4.ヘッドハンティングを専門的に行う人をヘッドハンターと呼ぶらしい。
例文5.戦国時代にもヘッドハンティングは盛んに行われていた。

戦国時代のヘッドハンティングは物理的な意味になってしまうため、注意が必要です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ヘッドハンティングの会話例

  • 質問者アイコン

    ヘッドハンティングされて自分達の会社に入ったあの方、本当に仕事が早いですよね。

  • 回答者アイコン

    コミュニケーション能力も高いし、この分野における技術面にも長けた人ですからね。

  • 質問者アイコン

    いいなー。私も受ける受けないは別として、ヘッドハンティングなんて経験してみたいものですね。

  • 回答者アイコン

    なるほど!ではAさんがヘッドハンティングしてもらえるような人になれるよう、私の仕事を少し差し上げましょう。

能力が高い人はどんな状況においてもヘッドハンティングされやすい人材と言えるでしょう。

ヘッドハンティングの類義語

ヘッドハンティングの類義語としては、「人材スカウト(じんざいすかうと)」や「引き抜き(ひきぬき)」などの言葉が挙げられます。

ヘッドハンティングまとめ

ヘッドハンティング。今の生活や仕事状況がうまくいっていない、自分に自信がない人ほど、それを承諾するかしないかは別として言われるような機会があったら心にずしんと響き渡るような言葉かもしれませんね。
そういった人は仕事上でヘッドハンティングされるというような経験をするのは難しいかもしれませんが、恋愛などそれ以外の場面でヘッドハンティングされるかどうかはその人の魅力によるかもしれません。自分磨きは怠らずに今日も前に進んでいきましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事