プレミアムフライデーを利用する

プレミアムフライデー(Premium Friday)

皆さんは「プレミアムフライデー」を経験したことはありますか?ここ1~2年、毎月のように見たり聞いたりするこの言葉ですが、一体なにを意味する言葉なのでしょうか。また何がきかっけで、いつから使われるようになったのでしょうか。ここではその意味や由来、関わりのある類義語なども併せて紹介します。

プレミアムフライデーの意味とは

これは「月の最終金曜日の退勤時間を、普段よりも早くする」という取り組みを指す言葉です。最近ではこれを採用する企業も多く、またその日に合わせてイベントやセールなどのキャンペーンを行っている民間企業も多くあり、「商品をいつもよりお得に買えるクーポンの配布」「通常より多いポイントの付与」「先着○○名様限定で商品をプレゼント」などのサービスが提供されています。

プレミアムフライデーの由来

2017年(平成29年)、個人消費喚起を目的として日本国政府と経済界が提唱しました。毎月末金曜日(フライデー)に普段よりも豊かな(プレミアムな)生活を推奨するという取り組みで、午後3時(15時)に仕事を終えることを奨励する「働き方改革」と連携し「毎月末金曜日のみ15時に退社する」といった例が多いようです。
またそれに併せて行われる民間企業のセールやイベントによっても、消費者の外食や購買を促しています。

プレミアムフライデーの文章・例文

例文1.今週末はプレミアムフライデーなので、仕事が終わったら実家の親に会いに行く事にした
例文2.プレミアムフライデー限定のクーポンを使って、お得に食事する事ができた
例文3.明日はプレミアムフライデーのイベントがあるから、店内はお客さんが増えて忙しくなるだろう
例文4.プレミアムフライデーは、早く帰って映画でも借りて観よう
例文5.自分が勤める会社では、月末が特に忙しく早く退社することが難しいので、プレミアムフライデーはまだ採用されていない
「国・地方自治体・民間企業・NPOや一人一人が、一緒に作っていくプロジェクト」として、あくまでその取り組みを推奨しているだけなので、採用していない(できない)企業も多いよいうです。

プレミアムフライデーの類義語

プレミアムフライデーの一つの要素にもなっている「ワークライフバランス」という言葉がありますが、これは「仕事と生活を両立し、どちらも充実したものにする」といった意味があります。また、ある曜日だけは残業しないという「ノー残業デー」などもあり、すべて「働き方改革」という言葉がキーワードになっています。

プレミアムフライデーまとめ

積極的に取り入れる企業がある一方で、ある調査によると「導入する」企業はわずか3.4%に留まっているという現実もあるようです。ですが消費経済の面では実際に売り上げが上がっている例も多く、消費を促す方法の一つとして期待されています。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事