新たなプラットフォームでビジネスを拡大する

プラットフォーム(platform)

プラットフォームとは、辺りよりも高く水平なところを指します。駅や停留所、停車場なども意味します。また、IT用語として使われるプラットフォームでは、システムやサービスの土台となる環境のことを指します。最近は、IT業界が提供するサービスを使う人が増え、プラットフォームという言葉を耳にした人もいると思います。今回は、そんなIT用語として使われるプラットフォームについてどういったものなのか、使い方を含めてみていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

プラットフォームの意味とは

プラットフォーム意味は、システムやサービスの土台となる環境のことを指します。言うなれば、サービスやアプリ、システムを動かすために必要な環境のことです。具体例をあげるならアプリを動かすためのサーバーなどがそれにあたります。

プラットフォームの由来

プラットフォームには、辺りよりも少し高く水平なところを意味しており、そのことから転じて基盤や土台などといった意味で使われるようになったと言われています。

プラットフォームの文章・例文

例文1.そのサービスは様々なプラットフォームで提供されているので多くの人が使用することができて便利である。
例文2.Windowsでは、使えるソフトウェアでもプラットフォームが違うMacOSでは、使えないものも多く存在する。
例文3.アプリケーションを開発してサービスとして提供するのに必要なプラットフォームの構築を担当する。
例文4.プラットフォームの違いによってソフトウェアの仕様が少し異なるのでしっかりとドキュメントを参照する。
例文5.多くのプラットフォームが提供されるようになった今日では、誰もが簡単にアプリケーションやECサイトを立ち上げることができるようになった。
これらからプラットフォームという言葉は、様々な場面で使うことが出来るので覚えておくとよいです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

プラットフォームの会話例

  • 質問者アイコン

    今自社で開発しているサービスのシステムがあるんだけれどどういったプラットフォームで提供していこうか迷っているんだよね。

  • 回答者アイコン

    そうなのかい。どちらにしろシステムが無事完成できるといいね。

  • 質問者アイコン

    うん!それはそうだね。多くの人に使ってもらえるよう様々なプラットフォームで提供できればとは思っているよ。

  • 回答者アイコン

    使う人が多いと売上にも繋がりやすいしね。

彼らはサービスをどのプラットフォームで提供するかについて話し合っています。

プラットフォームの類義語

プラットフォームの類義語には、「PaaS」「基幹」「Salesforce」などがあります。

プラットフォームまとめ

プラットフォームという言葉はIT業界で働いてていたり、IT業界に関わったことがある人であれば一度は耳にしたことがあるのではと思います。意味を知っていないと困ることもあると思います。これを機会に覚えておくとよいです。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事