ブロックチェーンとは、ビットコインなど仮想通貨を支える中核を担ってる技術

ブロックチェーン(Blockchain)

テクノロジーと金融を掛け合わせた「フィンテック」が注目を集めています。
代表例の1つにビットコインを始めとする「仮想通貨」があります。
その「仮想通貨」が通貨として機能して、サービスが成り立つ上でとても重要な技術と言われているのが「ブロックチェーン」です。
この記事では、ブロックチェーンとは何か。どんな意味を持っているのか。それらについてみていきます。

ブロックチェーンの意味とは

ブロックチェーン(Blockchain)とは、ブロックチェインとも呼ばれています。
意味は分散型台帳技術、または、分散型ネットワークの事を指します。

ブロックチェーンの由来

ブロックチェーンの起源は今から11年前、2008年にサトシ・ナカモト氏が、仮想通貨ビットコインを支える新しい技術として発表した論文「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」の中で誕生しました。

ブロックチェーンの文章・例文

例文1.ブロックチェーンの未来について考える
例文2.ブロックチェーンの活用は、金融サービスに大きなメリットをもたらす
例文3.ブロックチェーンは、仮想通貨などフィンテックを語る上で欠かせない技術だ
例文4.ブロックチェーンの特性を生かして業務の効率化を図る
例文5.ブロックチェーンはうまく活用すれば、様々なコスト削減をもたらす
ブロックチェーンとは、「分散型台帳」とも呼ばれ、データのやり取りの信頼性を確保するための新しい技術です。

ブロックチェーンの会話例

  • 質問者アイコン

    ブロックチェーンに未来を感じている同じような人達と交流できてよかったよ!

  • 回答者アイコン

    同じ考えを持っている人達と交流するのはとてもイイ刺激になるよね。

  • 質問者アイコン

    うん!凄くイイ刺激になった!

  • 回答者アイコン

    それはよかったね!

ブロックチェーンとは、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨の中核となるとても重要な技術です。
サトシ・ナカモトが作成した「Bitcoin」に使われている事で大きな注目を集めたこの技術は、通貨だけでなく情報管理の手段として幅広い分野で活用されています。

ブロックチェーンの類義語

ブロックチェーンの類義語というのはないのですが、これに近いようなシステムは既に存在します。
それは、既に各取引所に上場し、「暗号資産(暗号通貨)」というカテゴリーの中で唯一ブロックチェーン技術を使用していない通貨である「IOTA(イオタ/アイオータ)」です。
IOTAは「タングル(tangle)と呼ばれる技術を用いており、ブロックチェーンでは実現できない仕組を考案しています。

ブロックチェーンまとめ

ブロックチェーンとは、データのやり取りの信頼性を確保するための新しい技術です。
正しく仕組みを理解している人は少ないのではないでしょうか?
本格的に活用の場が拡がっているブロックチェーンについて、仕組みを理解しておいてもいいかもしれないですね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事