ブレスト

「先ずはアイデアベースで、ブレストをしよう!」と会議の席でブレストという単語を聞く事も多いのではないでしょうか?聞いたことはあるし、何となく流れでやった事はあるからイメージはつくけど本来の意味は分からないという方も多いかと思いますので、今回はブレストの意味や具体的な使われ方についてご紹介していきます。

ブレストの意味とは

ブレスト(ブレインストーミング-Brainstorming)とは、あるテーマに対して参加者がざっくばらんに制限を設けずにアイデアを出すことで会議などをしていくにあたってウォーミングアップの役割を担ったり、会議自体が煮詰まった時に助け舟となるミーティングの方法です。
テーマさえ決まっていれば、後はそれについて思う事をとにかくひたすら上げていくという流れでミーティングを進めます。大体は3分、5分など時間を区切って進行します。

ブレストの由来

このブレストはアメリカのアレックス・F・オズボーン氏が発明した発想方法とされています。
Brainは「脳」、stormは「嵐」を意味します。また、「brainstorm」という名刺は「ひらめき」という意味を持ち、まさにブレストの目的であるアイデアを出すという意味合いを持っています。脳みそを嵐のように回転させる風景が浮かんできます。

ブレストの文章・例文

例文1.会議の冒頭にブレストを取り入れます
例文2.ブレストをして凝り固まったアイデアを刷新しよう
例文3.だいぶ意見が煮詰まってきたから一旦ブレストをしよう
例文4.ブレストは会議を始めるのにはもってこいの手法だ
例文5.ブレストをすることで相手の考えている事も分かる
ブレストはビジネスシーンでは言葉としても、実際に利用する頻度としても非常にたくさん登場するため、その正確な意味合いを覚えておいて損はありません。

ブレストの類義語

ブレストの類義語としては、「フリーディスカッション」「自由討論」「フリートーク」などがあります。
ただし、一般に浸透しているブレストを言い表せるのはやはりブレストという単語しかありません。そういう意味では類義語は無いと言えるかもしれません。

ブレストまとめ

ブレストは会議だけでなく、自分自身が仕事をしていく中で意見が煮詰まった時などにも有効活用する事が出来ます。
ポイントとしては、出てくる意見を否定せずに先ずは出せるだけ出してしまうという事です。
特に、大勢で会議をやろうとするとどうしても発言権の大きい人の意見が通りやすくなってしまいますが、ブレストの良いところはそういった発言権の大きさに構わずに自分の意見を出せるところです。
特に若手のビジネスパーソンであれば、自分の意見を出せるチャンスですので、活用したい場面です。積極的に自分の意見をぶつけて1つでも上司やお客様に意見を拾ってもらえたら次の仕事につながる可能性が大きくなります。

この記事を読んでいる人に人気の記事