ブラックホールのこと

ブラックホール(black hole)

みなさん、毎日苦手な人や嫌な出来事がありますか?そんな時は宇宙サイズで考えればちっぽけな事だと気分が晴れたりすることがあるかもしれません。そんな宇宙は広大で、未だに解明されていない星や惑星、銀河など様々なものがある上に今もまだ、広がり続けています。最近では人類が初めて撮影に成功した物があります。それが今回ご紹介するブラックホールです。ブラックホールとはどういったものなのかご説明していきます。

ブラックホールの意味

ブラックホールとは天体の一つで強力な重力によって光さえも抜け出せない時空領域です。
質量の大きな星が超新星爆発した際に残された中心核が重力崩壊したもので銀河の中心確認あるとされています。またその強力な引力からブラックホールのような・・・などと例えられる場合もあります。

ブラックホールの由来

ブラックホールという名前がつくまでは「凍りついた星(frozen star)」「崩壊するもの(collapsar)」「黒い星(blackstar)」などの名前で呼ばれていたようですが、1960年代に米物理学者ジョン・アーチボルト・ホイーラーがブラックホールという名称を使い始めたことが由来となっています。

ブラックホールの文章・例文

例文1.2019年4月に人類は初めてブラックホールの撮影に成功した
例文2.僕は将来ブラックホールについての研究をするのが夢だ
例文3.ブラックホールにはまだまだ謎が多い
例文4.あの人の胃袋はまるでブラックホールのようだ
例文5.ブラックホールのように吸い尽くしていく
ブラックホールというもの自体これからも解明されていくと思われるのでとても楽しみですね。また、例えとしてブラックホールという言葉を用いる場合もあります。

の会話例

  • 質問者アイコン

    お昼になりました。ランチにいきませんか?
    とてもお腹がへりました・・・

  • 回答者アイコン

    いいですね!私もお腹が吸いたのでいきましょう

  • 質問者アイコン

    3人前食べてもまだまだ食べれそうです!とても美味しいですね!

  • 回答者アイコン

    すごい量を食べていますね、まるでブラックホールのようです・・・

宇宙の話としても欠かせない存在ですが、いろいろな例えとしてもこの言葉は全てを飲み込んでしまうような事に用いることもできますね。

ブラックホールの類義語

「闇」「無」「奈落」「虚無」などの類語が挙げられます。

ブラックホールまとめ

今回ご紹介したブラックホールは宇宙には必ず存在しているものです。私たちの星、地球が存在する銀河にもブラックホールが存在していますが、あまりにも遠い存在のため何かすごいもの・・・くらいの認識かもしれません。このブラックホールが解明されていくことにより私たちの生活にどう変化が起こるのか、それはまだまだ謎に包まれていますがより素晴らしいものになるといいですね。
また普段の会話にも使える言葉なのでどこかでもの底の見えない出来事があれば今回ご紹介した内容をふと思い出してみてください。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事