ブラックアウト(black out)

「ブラックアウト」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?ドラマや漫画、またはメディアで取り上げられることもあるので、なんとなく言葉だけは聞いたことがるという人が多いのではないでしょうか?そんなブラックアウトという言葉は実は複数の意味を持っています。そこで、ブラックアウトにはどんな意味があるのかを解説していきたいと思います。

ブラックアウトの意味

ブラックアウトは大雑把なくくりをするなら状態や症状を表す際に使います。ではどういった状態・症状なのでしょうか。
1.停電のことを表しています。中でも全系崩壊の状態に使用します。
2.船の操作が不可能の状態に陥ること。
3.一眼レフカメラのシャッターを切った瞬間にファインダーが見えなくなること。
4.デジタルテレビ放送の受診において、電波が受信できずに画面が暗転してしまうこと。
5.記憶喪失。
6.脳への血流が低下して、一時的に視界が暗くなる症状。
上記のような状態や症状をブラックアウトと呼びます。

ブラックアウトの由来

実は語源となる英語の「Black Out」とカタカナの「ブラックアウト」とではニュアンスが若干変わってきます。英語のBlack Outにはカタカナのブラックアウトに含まれる「広域」「発電力のほぼ全出力」といった意味は含まれていません。

ブラックアウトの文章・例文

例文1.アメリカの一部地域が停電でブラックアウトしたらしい
例文2.絶叫マシーンに乗っていたらブラックアウトした
例文3.家のテレビがブラックアウトした
例文4.漁に出た船がブラックアウトしたという報告があった
例文5.彼は一時的なショックで軽いブラックアウトになっているようだ
言葉自体に様々な意味があるので、使われる範囲は広い言葉になります。

ブラックアウトの会話例

  • 質問者アイコン

    昨日テレビを見ていたら、急にブラックアウトしちゃったんだよ。

  • 回答者アイコン

    それじゃテレビ見れないの?
    不便だね。

  • 質問者アイコン

    多分受診機器の調子が悪いせいだと思うんだよね。

  • 回答者アイコン

    観たい番組が見れないのはショックだね。

テレビ放送に関するブラックアウトはこのような感じで使われるでしょう。

ブラックアウトの類義語

テレビ放送に関するブラックアウトであれば「暗転」、電気であれば「停電」といった言葉が近いものとしてはあげることができます。

ブラックアウトまとめ

様々な使い方のあるブラックアウトという言葉です、用途が多岐にわたるだけにシチュエーションごとの使い方を正確に把握することが大切です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事