フリーランスで仕事をする

フリーランス(free lance)

フリーランスという言葉をご存知ですか?「会社を退社してフリーランスになる」なんて聞いたことがあるのではないでしょうか。フリーランスとは個人で仕事を行うので縛りがなく、休みも好きな時に取れて、上司に気を使う必要もなければ、通勤ラッシュのストレスもない。こんなイメージを抱いている人もいるかもしれません。そのイメージは間違っているかもしれません。今回はフリーランスをご紹介していきます。

フリーランスの意味とは

フリーランスとは、日本語で個人事業主、または個人企業法人という意味です。主に、プログラマやクリエイティブデザイナーなどパソコン1台で仕事が出来る職種に多い傾向です。他にも大工や芸能人なども含まれる場合があります。フリーランスで業務を行なっている人のことをフリーランサーやフリーエージェントとも言います。どの職種も自身のスキルによって仕事量も報酬も異なります。フリーランスは会社のように営業部がもちろんないので、自身で営業して仕事を得らなければなりません。確かに自由な部分もありますが、しっかりと時間や仕事の配分、裁量を判断出来なければ成功できる可能性は下がってしまいます。

フリーランスの由来

フリーランス(free lance)を直訳すると無料の槍と言い、仕事とは全く結びつかないように思えますが、これは語源であり誕生したのは中世のヨーロッパなのです。この頃のヨーロッパは争いが頻繁に行われていました。一説によると軍隊は専属していなく、争う度に軍隊として戦争に参加する契約を結ばれていたのではないかと言われています。契約を行う際には槍の本数が1戦闘の単位として数えられていたようです。まだ契約を結んでいない軍隊をフリーランスとして用いられたことが語源と言われています。そのために直訳のフリーは無料ではなく、どこにも属していないという意味の方が近いです。時代が進むにつれて独立者が働くこととしてフリーランスを用いるようになりました。

フリーランスの文章・例文

例文1.父は去年、会社を退職してフリーランスで働いている
例文2.フリーランスの収入は多いイメージがある
例文3.フリーランスは全ての責任を負う覚悟も必要だ
例文4.フリーランスで仕事をするには営業も必要不可欠である
例文5.フリーランスになってから家族と過ごす時間が増えて生活が豊かになった
フリーランスという言葉だけに反応して、軽はずみな行動を差し控えるべきであり、自分のスキルや経験に見合った行動をしていく事も重要であることは覚えておきましょう。

フリーランスの類義語

「フリーター」は似ている言葉に見えますが、若者が正社員にならず、夢などに向かってアルバイトとして働いていることを意味します。こちらは働いた分の収入は得られるので働き方で安定した収入を得ることが出来ますが、フリーランスは契約状況に応じて変動することもあります。

フリーランスまとめ

フリーランスとは自由な時間を作りやすいので、子供と自宅で同じ空間に居ながら仕事が出来るので成長を見守れるといメリットなどもあります。始めたばかりの時には収入面で不安定な部分もあるでしょう。しかし、糧となり仕事についてより考える機会が増え、スキルアップするために勉強をするきっかけにもなります。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事