フックで魚を釣る様子

フック(hook)

商品などにおいてキャッチコピーなどはとても重要になります。その商品が欲しいと感じられるように気持ちを向かわせることが商品の販売促進につながります。営業などの人にはとてもこの力が必要になります。
見込み客に対して商品購入をさせるようにするということが得意な人は、営業として向いていると言えるでしょう。今回は、そんなお客様に対して重要になってくる「フック」という言葉について詳しく見てみましょう。

[adstext]
[ads]

フックの意味とは

フックとは、商品購入の見込み客をひっかけ、商品購入へ向かわせることを指します。

フックの由来

フックとは服をひっかけるためのフックや釣り針を想像します。これは目的のものをひっかけるという物です。最初は損をしてでも、結果的には得をするということが商法としてオーソドックスになってきています。

フックの文章・例文

例文1.礼儀正しいというフックをぶら下げることによって、顧客を得る。
例文2.自動車買い取りでは無料査定をすることがフックに当たる。
例文3.電車にある無料脱毛プランもフック商材と言います。
例文4.フックによって、新規顧客の獲得をすることができる。
例文5.フックとは、商品を知ってもらうための入り口である。
フックを用いることによって、営業成績の向上を図ってみましょう。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

フックの会話例

  • 質問者アイコン

    よく「最初の一週間だけ無料!」とかいう広告ってあるけれど、あれって採算とれているのかな?

  • 回答者アイコン

    最初にその広告につられたが最後、そのまま商品購入とかしちゃうように仕向けられちゃうんだから。

  • 質問者アイコン

    フック商材かあ…でもつられちゃうから新規顧客をつかむんだろうなー

  • 回答者アイコン

    みんながやっているということは、みんながひっかかるんでしょうね。

目の前のうまい話に飛びついてしまう人は、フック商材にひっかかってしまうでしょう。

フックの類義語

フックの類義語として、「とっかかり」があてはまるでしょう。

フックまとめ

このようにして、私たちの周りにはフック商法などがたくさんあるのです。多少損はしても、その損した分をそのあとに取り返すということは、結果的に損をしてしまう可能性もあります。この商法を用いる場合には、そのリスクもきちんと理解しておきましょう。
このような商法は周りにあふれています。知識はたくさんあったほうが今後の人生に活躍できる幅が広がるでしょう。営業の人もそうでない人もこういった知識について深めてみてもよいかもしれません。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事