フォロワーが増えた

フォロワー(follower)

今や携帯電話やタブレット端末を持っている人は、ほぼ全員と言ってもいいくらいの確率で、何かしらのSNSに登録しているのではないでしょうか。もちろんその中には、ただ登録しているだけの人から副収入を得ている人まで様々です。その中でも副収入を得られるくらい影響力のある人は「フォロワー」の人数を気にしていますよね。個人でフォロワーが多い人では何万人、何十万人単位でフォロワーがいます。では、このフォロワーとはどう言ったものを指して使う言葉なのかを改めて解説していきたいと思います。

フォロワーの意味

実はフォロワーの元々の意味とは、中心人物やリーダー的存在を補佐する人や、後に続く人や商品に対して使う言葉になります。しかし、SNSの台頭で、SNSに登録した人やお気に入りに追加された人に対して使うようにもなりました。ただし、正確にはフォロワーはSNSを登録した人を指していて、登録された人に対してはフォロイーと呼びます。日本ではどちらもフォロワーで通っていますね。

フォロワーの由来

元々の言葉の意味は、上述したように、「中心人物やリーダー的存在を補佐する人や、後に続く人や商品」という意味の言葉になります。

フォロワーの文章・例文

例文1.Twitterのフォロワー数が1万人を超えた
例文2.最近、Instagramに登録したんだけど、どうやってフォロワー数を増やそう
例文3.彼のFacebookのフォロワー数は僕の3倍いるようだ
例文4.すごい勢いでフォロワーが増えている
例文5.もっとたくさんフォロワーを増やしたい
フォロワーは元々の意味よりも、SNSでフォローしてくれる人の意味で使われていることが多いですね。

フォロワーの会話例

  • 質問者アイコン

    昨日でフォロワー数が1000人を超えたんだよ!

  • 回答者アイコン

    すごいね!
    どんな感じのことを投稿してるの?

  • 質問者アイコン

    料理のことが多いかな!結構凝ったものも作るから、そこから広がっていったね。

  • 回答者アイコン

    ハッシュタグのつけ方とかも大事だよね。

実際、フォロワー数が多い人や急激に伸びている人を見ると、どんな感じの投稿をしているかは気になるところですね。

フォロワーの類義語

フォロワーをSNSに登録してくれている人というニュアンスと捉えて類義語をあげるのであれば、「登録者」や「信者」または「ファン」といた言葉は近いですね。

フォロワーまとめ

SNSではフォロワー数を集めることを意識するあまり、法に触れるようなことをする人も出てきてしまっています。奇抜なことや人がなかなかしないことをして人に見てもらうのは悪いことではありませんが、他人に迷惑をかける行為はしないようにしましょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事