フィルターバブルを表す画像

フィルターバブル(ふぃるたーばぶる)

皆さんはYOUTUBEやNETFLIXなどで視聴した映像と似たような内容の映像がオススメの上位に上がってきたきり、普段検索していた情報がSNSの広告掲示物に登場するのを経験したことありますか?
人工知能は検索記録やクリック情報を収集し、分析してくれ、私たちが満足できそうな結果を見せてくれます。人それぞれの性向に合わせた情報を提供する検索エンジンSNSで、私たちが過度なフィルターリングされた情報だけを受け入れる現状をフィルターバブルをいいます。
今回は現代、情報の海のなかで当面する「フィルターバブル」について詳しく解説していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

フィルターバブルの意味とは

フィルターバブル(Filter Bubble)は大型インターネット情報技術(IT)業者が個人性向に合わせた(フィルターリング)された情報だけを提供し、類似の利用者を一つのバブルに閉じ込む現状を称します。
例えば、GoogleやFacebook、twitterなどコンテンツ提供業者はコンテンツを流通するプラットフォームを運営します。企業は利用者に適した環境をよういするために、その利用者が好きなこと、よく見る情報メインに提供します。利用者がどんなコンテンツを消費したのかどの部分に反応したのかを把握し利用者が好まれそうなコンテンツメインに提供しています。そして、利用者は膨大な情報の中で、必要な情報だけ得ることができます。
しかし、「フィルターバブル」の危険性も存在します。利用者の好きな情報、見たい情報だけ受け入れてしまうと類似の性向のせいで、多様で豊富な情報は接することができず、自分と似たような考え方しか見れなくなり、認識が歪んでしまう可能性があります。政治・社会の問題に対し、固定観念と偏見を強化してしまうきっかけになるのです。強化された固定観念と偏見は利用者の口に合った情報だけを引っ張ってきます。悪循環につながるのです。こうなってしまうと世論を歪んだ視線でみるだけではなく全く違う情報が拡散してしまう状況にもなるのです。

フィルターバブルの由来

フィルターバブル(Filter Bubble)はインターネット情報提供者が利用者に合った情報を提供し、利用者はフィルターリングされた情報だけ受け入れることを称します。アメリカの市民団体のムーブ・オンの理事長であるイーライ・パリサー(Eli Pariser)が書いた「The Filter Bubble」から出た言葉です。

フィルターバブルの文章・例文

例文1.フィルターバブルされた情報
例文2.フィルターバブルの加速化
例文3.SNSによるフィルターバブル
例文4.あの政治家のは利用者にフィルターバブルをするつもりだね
例文5.オンライン「フィルターバブル」に注意しましょう
私たちが情報を手にする際に色んなことを目にして受け入れる必要があるとみられます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

フィルターバブルの会話例

  • 質問者アイコン

    最近、ネットで私が読みたい記事を自動的にまとめてくれて助かっています!

  • 回答者アイコン

    すごく便利だね!他にもたくさんのソーシャルメディアも利用者の口に合ったコンテンツを提供してくれているみたいだね!ただ、それにともなっての危険性もあるから気をつけてね!

  • 質問者アイコン

    それはなぜですか?

  • 回答者アイコン

    自分が見たい情報や気になる情報だけを受け入れてしまい、その結果固定観念や偏見が生まれてしまうの。事実ではない情報や偏った情報だけを受け入れてその人の倫理性や価値の判断に混乱を起こすから注意する必要があるね!

フィルターバブルは限定された情報だけを提供するため、反対性向を持った人の意見や情報、普段目にしていなかった分野のニュースに出会える機会を失ってしまうので、利用者の知識や価値観の拡大を妨げるとも言えるでしょう。

フィルターバブルの類義語

「フィルターバブル」の類義語では「エコチェンバー(Echo Chamber)」「現象反響室効果」などがあります。

フィルターバブルまとめ

現代、インターネット上で情報が次々と出てきているなか、私たちはその情報に対し、白黒をちゃんとつけられる力を入れておく必要があります。
フィルターバブルという言葉を作ったイーライ・パリサー(Eli Pariser)は「フィルターを通して決めるルールがどういったことか判断できるよう、十分に透明なのか確実にする必要がある」と強調しています。フィルターバブルの問題は技術の影響力が日々日々強くなっている現代では社会的な論議を通じて改善していく必要があるのではないでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事