ファンクションキー(Function Key)

「ファンクションキー」とは「パソコンのキーボード上部にあるF1~F12と書かれたショートカットキー」です。それぞれのキーには役割があり、特に文字入力で全角半角やカタカナにアルファベットとする際にお世話になります。それ以外にも様々な役割がありますが、あまり使わない人も多いと思います。そんな「ファンクションキー」の解説となります。

[adstext]
[ads]

ファンクションキーの意味とは

「ファンクションキー」の意味は以下の通りとなります。
(1)パソコンのキーボード上部に設置された特殊キー(F1~F12)の名称。
(2)パソコンのキーボードの上にあるF1~F12までのキーの総称で、様々な機能のショートカットキーとなり使いこなすと作業が便利になる。
(3)コンピュータを操作する為に設けられた特別なキーで、「プログラマブル・ファンクションキー」「ディファイナブル・ファンクションキー」「ファンクションスイッチ」や略して「Fキー」とも呼ばれる。
「ファンクションキー」はパソコンやノートパソコンのキーボード上部に備わる特殊キーで、通常はF1~F12までのキーを指します。キーボード下部にも「Fn」というキーが備わっていてこれも「ファンクションキー」ですが、一般的には「ファンクションキー」=「F1~F12」となります。文章を入力するには「文字キー」だけで事足りますが、さらに便利に作業をする為のショートカットキーが「ファンクションキー」でWindowsやMacにバージョンなどで微妙に違いもありますが、一般的なキーボードでWindowsにおける代表的な使い方は以下の通りです。
・F1…ヘルプやサポート
・F2…ファイルやフォルダ―の名前変更
・F3…ファイルやフォルダ―の検索
・F4…アドレスバー表示
・F5…インターネットの更新(再読み込み)
・F6~F10…入力した文字をひらがな・全角カタカナ・半角カタカナ・全角アルファベット・半角アルファベットにする
・F11…全画面表示
・F12…ワードやエクセルでの保存
ノートパソコンの場合はメーカーや機種にもよりますが、上部のショートカット以外にも「Fn」とそれぞれの「ファンクションキー」の同時押しで、ボリュームの上下や液晶画面の明るさなどの変更にも対応しています。

ファンクションキーの由来

パソコン黎明期はタイプライターのキー配列をそのまま使用していましたが、IBMが1980年代から導入した「101キーボード」から「ファンクションキー」が配列に付け加えられ、現在の一般的なキーボードの配列が完成しました。

ファンクションキーの文章・例文

例文1.文字入力を速くするにはファンクションキーを使いこなすのが肝となる。
例文2.指が短いとファンクションキーを押すのも一苦労する。
例文3.パソコンが苦手な妻にファンクションキーを説明したが、どうにも互いの意見が食い違い、取りあえずは二人でお酒を飲んで今回の事は一旦忘れる事にした。
例文4.半角やカタカナで入力するならファンクションキーを覚えるのが最善だ。
例文5.普段スマホしか触らない人はファンクションキーと言われてもチンプンカンプンだろう。
パソコンの「ファンクションキー」を使った例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ファンクションキーの会話例

  • 質問者アイコン

    あれ、画面が急に大きくなったよ。何だこれは? 壊れたのか?

  • 回答者アイコン

    それって、ファンクションキーを押したんじゃないの?

  • 質問者アイコン

    ファンクション? 日本語を使ってくれよ。まったく意味が分からんよ。

  • 回答者アイコン

    だから、ファンクションキー! あーもういいわ。F11を押してみて。

パソコンに疎い男性と面倒をみる女性の会話となります。

ファンクションキーの類義語

「ファンクションキー」の類義語には、「特殊キー」「シフトキー」「オルトキー」「修飾キー」「コントロールキー」などの言葉が挙げられます。

ファンクションキーまとめ

「ファンクションキー」はパソコンで文字入力などをする際に便利となるショートカットキーの事で、キーボード上部にF1~F12と書かれそれぞれに役割があります。特にカタカナやアルファベットにする際のF6~F10は必須となっています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事