ファイトケミカル

最近雑誌や本などでも紹介されるようになったファイトケミカル。ファイトケミカルスと言われることもあります。身体にいいと言われて話題となっています。実際に身体の中で活性酸素を除去する働きがあります。老化防止や脳卒中や心筋梗塞の予防にも繋がります。

ファイトケミカルの意味とは

ファイトケミカルとは野菜、果物、豆類、海藻、お茶などの植物性食品の色素や香り、アクなどの成分から発見された化学物質です。
抗酸化力、免疫力のアップなど、健康維持・改善に役立つのではないかと期待され、研究が進んでいます。

ファイトケミカルの由来

ここ最近活性酸素による身体の老化やダメージが注目されるようになり、それに伴って抗酸化作用のある物質が注目されるようになりました。
その流れでファイトケミカルという言葉ができました。
ポリフェノールなどの抗酸化作用のある物質を総称する言葉として使われるようになりました。

ファイトケミカルの文章・例文

例文1.野菜を食べてファイトケミカルをとろう
例文2.ファイトケミカルによって活性酸素が減った
例文3.これはファイトケミカルに注目したサプリメントだ
例文4.ファイトケミカルは第7の栄養素と言われている
例文5.ファイトケミカルの多い食品を意識して食べる
ファイトケミカルはあまり馴染みのある言葉ではありませんが、それでも様々な分野で今注目を集めています、身体のケアについては昔以上に注目集まっていますので、覚えておくといいでしょう。

ファイトケミカルの類義語

ァイトケミカルに類義語はありませんが、関連ワードで「抗酸化作用」や「ポリフェノール」などがあります。

ファイトケミカルまとめ

ここ最近よく耳にするようになったファイトケミカル。身体が酸化しやすくなった現代ではとても大切な栄養素になってきています。そのため炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラル・食物繊維の6大栄養素に加えて7大栄養素と言われるほどになりました。
健康のためにファイトケミカルを意識して食べましょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事